アレキサンダー大王の誕生から1712年の存在しない年数を歴史に追加

歴史と科学

前回に引き続き、Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の続きになります。

なお、原文を自動翻訳して少し修正を加えていますが、原文を確認される場合は下記リンクをご確認ください。

Facebookにログイン
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

要約すると

・教育現場に存在する歴史書はすべて西暦19世紀にドイツ・ノルディック研究所で書かれたもの。
・ドイツ・ノルディック研究所の設立目的は、歴史やその他のあらゆる科目をすべて改ざんすることだった。
・2012年に研究所は閉鎖され、インターネット上の存在記録はすべて消去され、誰もその痕跡を見つけることができない。
・合計で1712年の存在しない年が追加されていることを、三人の研究者が発見した。
・西暦1500年から1900年の間に297の年数が追加された。
・西暦1152年から西暦1500年の間に、263の年数が追加された。
・イエスが生まれた年に西暦1152年の年数が追加された。

第19部

アレキサンダー大王の誕生から1712年の存在しない年数を歴史に追加

発行:2021年7月30日

教育現場に存在する歴史書はすべて西暦19世紀にドイツ・ノルディック(北欧)研究所で書かれたもので、西暦1900年以降の歴史には、オリジナルの文書、原稿、書籍は1つもない。

アレキサンダー大王の誕生日である西暦1356年7月21日(665年前)から始まる年表に、1712年の存在しない年数を追加している。

ドイツ・ノルディック研究所は、約300年前にユダヤ人が資金を提供して設立され、その目的はただ一つ、今日学校で学ぶ歴史やその他のあらゆる科目をすべて改ざんすることだった。

2012年、役目を終えた研究所は閉鎖され、インターネット上の存在記録はすべて消去されたため、誰もその痕跡を見つけることができない。

閉鎖されたとき、それは今日の世界の公式教育へと姿を変えた。

このドイツ・ノルディック研究所のことは、マケドニアの歴史作家ペタル・ポポフスキー博士のことを知ったからである。彼は、世界史の綿密な研究の中で、ドイツ・ノルディック研究所が奨励して書いた偽の歴史の多くの矛盾を発見し、彼の著書で大々的に取り上げた。

この1712年の存在しない年は、3つのフェーズで歴史に追加された。

1. 3人の世界の支配者が西暦1500年から1900年の間に297の存在しない年を歴史に加えた

ドイツの歴史学者ヘリベルト・イリグによると、グレゴリオ暦は嘘で、中世の297年のうち、1年は完全にでっち上げられたものだという。

1991年、ヘリベルト・イリグが、3人の世界支配者の陰謀により、過去にさかのぼって暦を変更し、297の存在しない年を追加したと主張している。

さらにヘリベルト・イリグは、3人が自分たちを援護するために、既存の文書を改ざんし、不正な歴史的出来事や人物を作り出したと主張している。偽の神聖ローマ皇帝シャルルマーニュは実在の人物ではなく、単なるアーサー王のような伝説の人物だという。そして、このような改ざんや偽造によって、歴史に297年という余分な時間が加えられたと説明する。

ヘリベルト・イリグは、中世の遺物の年代測定システムの不備と、文字史料への過度の依存が原因であると指摘する。

イリグ氏の研究によると、西暦614年から911年にかけての年号は、まったく辻褄が合わない。614年以前は歴史的に重要な出来事が多く、911年以降も同様だが、その間が異常に退屈であるという。

この主張はヘリベール・イリグだけではなかった。ハンス・ウルリッヒ・ニーミッツ博士は1995年に “Did the Early Middle Ages Really Exist?” (※中世初期は本当に存在したのか?)という論文を発表している。

ハンス・ウルリッヒ・ニーミッツ博士は、中世初期は決して存在せず、存在しない297年という期間を埋めるために、出来事や人物を架空にでっち上げたものだと結論付けている。

2. 西暦1152年から西暦1500年の間に、263の存在しない年が歴史に加えられた

ハンス・ウルリッヒ・ニーミッツ博士は、「西暦1152年からルネサンス期の西暦1500年の間に、歴史家は約263年を年表として数え過ぎている」と書いている。

3. アナトリー・フォメンコは、イエスが生まれた時から西暦1152年まで、存在しない年月がさらに歴史に加えられたことを発見した。

フランスのイエズス会修道士であったジョセフ・スカリガーという人物が、キリストの誕生を西暦ゼロ年とし、その33年後にキリストが十字架につけられたとする説を発表した。

その33年後にキリストが十字架に架けられたのである。

しかし実際には、この科学者、ロシアの数学者であるフォメンコは、この問題について7冊の本を書き、27年間この歴史の問題を研究していた。

フォメンコは天文学と天文鑑識学を駆使して、イエス・キリストが2021年前の公式な年よりも1152年遅れて生まれたことを証明したのである。

ベツレヘムの星が当時、空にあった場所によると。彼は、アルゴリズムとソフトウェアを開発し、月食、日食、いわゆる「古代の書物」に記されている全てのことを実際に調べて、月が実際に来る位置と照らし合わせることができるようになったのである。

今日、私たちは月食がいつ起こるかを秒単位の正確さで知っている。

フォメンコは今日の同じ知識を使って、私たちが知っている西暦ゼロ年の時点で、実際には1152年だったことを過去にさかのぼって計算したのである。

ベツレヘムの星が空の特定の場所にあったのは、イエスが誕生した1152年のことだった。

アレキサンダー大王が誕生した日からの歴史の本当の年表はこうなっている。

1. アレキサンダー大王は西暦1356年7月21日生まれで、今日の2021年から665年前にあたる。

2. それ以前はアトランティス文明で、タルタリアと同じような運命をたどった。

3. 新時代は、西暦1300年頃、アレキサンダーの父であるピリッポス2世から始まった。

古代エジプトも、古代ギリシャも、古代ローマも存在しなかった。

OttoMan – トルコ帝国のドイツ語名!

オスマン帝国は1299年に建国されたのではなく、1852年に建国され、1922年に解体されたが、70年しか続かず、マケドニア半島(今日ではバルカン半島として知られている)の完全支配を確立することができなかった。

オスマン帝国はドイツ系ユダヤ人が建国し資金を提供し、君主であるスルタン、パディシャ(皇帝)、ハーンは全てドイツ系ユダヤ人だったが、「パシャ(トルコのパシャ)」という最高の官位は全てイギリス系ユダヤ人であった。

その存在しない1712年を歴史で埋めるために、どれだけの創造的なフィクションを書き、ウソを空想し、発明しなければならなかったか、想像してみてください!!!

これほど多くの嘘、虚偽、捏造、欺瞞、架空の神話、想像上の伝説などが、ドイツ・ノルディック研究所の詐欺師たちによって発明されなければならなかったのですから、完成するまでに300年の期間を要したとしても不思議ではない。

彼らは歴史と年表をめちゃくちゃにし、今日でも宗教関係者が意見の対立に首を突っ込んでいる。

ここで、伝統的な年表ができる前に、歴史を聖書の概念に合わせようとする200以上の年代があったことを述べておくとよいだろう。その年数差は実に見事なものだった。天地創造からイエス・キリストまでの期間は、3,483年から6,984年の間であった。3,500年以上の差がある。

彼らがやったことは、タルタリア-マケドニアの実際の歴史から名前や出来事を取り上げ、存在しない架空の物語をたくさん捏造して、出来事や名前の偽の物語を作り、それを何百万冊もの偽歴史書として出版し、新世界秩序の教育システムが今日の大衆教育に利用しているのである。

つまり、現存する200年以上前のオリジナルの本は一冊もなく、現存する公刊書籍はすべて、世界中の学校や大学で学ぶあらゆる科目を捏造し、300年の歴史を経て2012年に閉鎖されたドイツ・ノルディック研究所が書いた架空の物語なのである。

歴史学の修士号や博士号を持つ教授の何人が、嘘だらけの捏造本を何千冊も読むという苦心の教育過程を経たか、想像してみてほしい。

しかし、こうした少数のフィクションの歴史作家は、歴史を捏造する際に隠された意図を持っていたのである。彼らは本当の歴史を暗号化されたパターンで本の中に隠した。だから、今日これらの本を読むとき、彼らの暗号化されたガイドラインを参照して解読し、世界の本当の歴史を伝えることができるのである。全ては言葉のゲームである。

本当の歴史は目の前にある本の中に隠されている。しかし、それを正しく理解するためには、それを解読する方法を知る必要がある。

アメリカの民族植物学者で神秘主義者のテレンス・ケンプ・マッケンナが『言葉』について言ったことを思い出してください。

『魔法の本当の秘密は、世界は言葉でできていて、世界ができている言葉を知れば、世界の謎を解き明かすことができるということです。』


考察や補足

前回投稿した『偽物の “古代古典哲学者 “の偽物の架空話』と似た内容でしたね。

ドイツノルディック研究所について検索しても出て来なかったのは、『2012年、役目を終えた研究所は閉鎖され、インターネット上の存在記録はすべて消去されたため、誰もその痕跡を見つけることができない。』と書かれている為でしょうか。10年前なので、何かしらの痕跡は残っていて欲しいですが、焚書などにより、過去の歴史書や遺物などを見る事は出来ないのかもしれませんね。

オスマン帝国が70年と短命だったことにも驚きです。公式では、1299〜1922年の間存在した国とされています。

マケドニアの歴史作家ペタル・ポポフスキー博士の情報は検索してもあまり出て来ませんが、下記のYouTube動画の人物かもしれません。ロシア語表記で、かつ、字幕も無いので内容についてあまり分かりませんが、語学堪能な方はご確認頂ければと思います。

タイトルだけ見ると、ピリッポス2世マケドニア国王の歴史の真実を語っているのではないでしょうか。


以上、一般的な歴史認識と異なる内容となりますので、ご注意下さい。

記載されてる内容について、全て検証出来ている訳ではありませんが、ご容赦頂ければと思います。


後編はこちら。

タルタリアでは、たった一つの言語とたった一つの文字が使われていた
前回に引き続き、Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の続きになります。なお、原文を自動翻訳して少し修正を加えていますが、原文を確認される場合は下記リ...

前編はこちら。


このシリーズのリンクを以下にまとめました。

【まとめ】古代 や タルタリア や アヌンナキ の仮説・考察集( Facebook 『 TARTARIA 』グループより) #Gorgi Shepentulevski
Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の翻訳記事を、本ページにまとめたいと思います。すべての始まりは7529年前?ピラミッ...

コメント

  1. Qflat より:

    ハニワ様
    前回の記事への返答もありがとうございます。
    ここにノルディック研究所についての記述が出てたんですね。
    やはり証拠隠滅でしたか。

    この実際にない歴史が挿入されている説は興味深いですね。
    わざわざそんなことをするとしたら、数年とか数十年差し込むだけでは意味がないので、
    本当にあるとしたら数百年から千年が差し込まれた可能性はありそうです。

    ただなんのためにそんなことをしたのかがまだピンと来ないので、
    目的や行動原理が見えてくるといいなと思います。

    僕もstolenhistory読んでみたいと思います。
    引き続き記事に期待しております!

    • Natural-Haniwa Natural-Haniwa より:

      Qflatさん、コメントありがとうございます。
      ノルディック研究所について隠蔽されている事が書かれていましたね。
      事前に調べても出て来なかったのは、本当に隠蔽されてるのかもしれません。(それとも元々存在していないか…)
      年表の隠蔽理由は、宗教が大いに関わってるように思います。
      海外版StolenHistoryには面白い記事が沢山あります。日本版StolenHistoryも盛り上げて行きたいですね。
      良ければQflatさんも投稿してみてはどうでしょうか。
      いつもご覧いただきありがとうございます。
      また記事投稿しますね

  2. Qflat より:

    ハニワ様
    ありがとうございます!
    日本語版は重鎮の方々がいらっしゃってハードルが高いので最初はROMからこっそりと・・・

タイトルとURLをコピーしました