キオスクと呼ばれたパビリオン・東屋の精巧な造り Pavilion Kiosk Kiosque

歴史と科学

当時、パビリオン(東屋など、離れの建物)などは真剣に取り組んで作られたものです。その存在と創造に本当に関心があるようです。どうやら、これらの中には物体があることになっているようです。先ほどの尖塔のような構造で、その中にも何かが入ることになっているようです。



昔の世界には #キオスク と呼ばれる、小間のような小さな建造物がありました。私たちが知っている主流の歴史知識によれば、建築家たちは、今日私たちが知っているような重大な電荷の可能性を知らずに、これらの建物に#装飾品をつけたと考えるべきでしょう。空中にある金属球は大量の静電気を発生させるが、建築家がそのことをまったく知らなかったと考えるのは無理がある。その力を利用して、内部の照明に使ったことは容易に想像がつく。


タルタリア建築の上に付いてるようなアンテナと、中央部に謎の構造物がありますね。

明かりを灯す電気の役割があったのでは無いかと想像してしまいます。

フリーエネルギーとの関連がありそうですが、皆さんはどのようにお考えになるでしょうか。

ちなみに私のキオスク(キヨスク)のイメージはこちらです。

折角なのでWikiのリンクも載せておきます。

キヨスク - Wikipedia

パビリオンと言えば、思いますのは万博ですね。イルミネーションが輝く写真が残るパリ万博が気になってます。


記事の引用元は以下のURLより。

Antiquitech Research Archive
#pavilions and similar were built with serious dedication back then. There seems to be a real interest in their presence and creation. Apparently there is also ...
Antiquitech Research Archive
Antiquitech Research Archive

関連記事はこちら。

建物の上の装飾品は、アンテナやテスラコイルであり、発電していた? #Teslacoil #Ornament #フリーエネルギー #尖塔
古いテスラコイル?テスラが発明したとされる古い #テスラコイル のまとめです。おそらく彼はそれを再導入しただけでしょう。いずれにせよ、テスラコイルに似たものは、彼が存在したはるか以前から、世界の至る所で見つけることができるのです。...

コメント

  1. デモクラシーサンデー より:

    やはり、キオスクと呼ばれる小さい建物もフリーエネルギーの役割を果たしていたと思います。
    屋根の上の塔からエネルギーを取り入れ、ドーム型の屋根の部分で共振させそして下にあるジェネレータで発電しその建物または周辺の灯りなどに使われたかと思います。
    今回のブログの内容は、ヨーロッパなどの諸外国を例にしていますが、日本でも寺の境内に塔がありますがおそらくキオスクと同じようにフリーエネルギーを取り入れ、発電していただろうと思います(そもそも、前文明では現在寺になっている場所はそれではなく、発電施設などまったく別の施設だった可能性がありますね)。

タイトルとURLをコピーしました