タルタリアでは、たった一つの言語とたった一つの文字が使われていた

歴史と科学

前回に引き続き、Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の続きになります。

なお、原文を自動翻訳して少し修正を加えていますが、原文を確認される場合は下記リンクをご確認ください。

Facebookにログイン
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

要約すると

・タルタリアでは当初、ルーン文字で書かれた一つの言語しか存在しなかった。
・タルタリア人はマケドニアの子孫だった。
・元々音声は発すれば自然とエネルギーが発生した。
・われわれの脳は、創造のプログラムと、これまで生きた一人ひとりのすべての経験からこのフィールドに蓄積された記憶に同調する受信機にすぎない。
・200年前に人工言語が作られ、テレパシーや高次の感覚が徐々に失われた。
・音の振動は、生活空間、心、体の中のエネルギーのバランスに直接影響を与える。
・コイネ文字は、後世代のクローンのために発明された。
・ギリシャ語はマケドニア語の意味を大きく歪めて、コイネ文字を採用した。
・現在の語源はギリシャ語までさかのぼるため、語源のほとんどが未確定で結論が出ない。
・音節文字だけが、言葉の本当の意味を明らかにすることができる。

第20部

タルタリアでは、たった一つの言語とたった一つの文字が使われていた

発行:2021年8月8日

免責事項!

– 私の記事の中で、私が「マケドニア」という言葉を使うのは、炭素の生命体である人類の創造を説明するコード化された文献の有益性を示すものであって、いかなる種類の国家主義的な支持を意味しない。 しかし、私たちの創造の本質においては、国籍、宗教、肌の色に関係なく、私たちはみな同じであり、同じ天使の存在の領域から発した姉妹であり兄弟なのである!-

一つの言語のみ

タルタリアでは当初、ルーン文字で書かれた一つの言語しか存在しなかったが、その後、実際には350-400年前に、ヒエログリフで書かれたクローン民族のための第二の文字が登場したのである。

どちらの文字も同じ言語をベースにしているが、音を表す記号が異なっている。

ロゼッタストーンが解読されたとき、タルタリアの言語はマケドニア語であることが判明し、現在マケドニアで話されている言語とほとんど同じであると結論づけられた。

例えば、「鳥」という言葉は、音節記号を使ったルーン文字と、鳥の絵を使ったヒエログリフの2種類の文字で書かれていたが、どちらの文字で発音しても、他の言語が存在しないため、誰もが理解できるマケドニア語になっていた。

つまり、タルタリア時代には、他の言語は一切なく、ただ一つの言語が存在し、全住民に話されていたのである。

一つの国家のみ

タルタリア時代に一つの言語しか存在しなかった根本的な理由は、今日から2021年前に第一次マケドニアの創造が始まったとき、タルタリア人はマケドニアの祖先からの子孫として一つの国家であり、血と創造によるすべての兄弟姉妹であったからである。

高度に発達した技術も、人間の並外れた能力も、タルタリア人が身長に関係なく、血と先祖を同じくする兄弟姉妹であったからこそ可能だったのだ。

マケドニア語はどのように生まれたのか?

音声が出現し、言語として発達したとき、タルタル帝国全土で話されていた言語はひとつだけであり、その言語はマケドニア語であった。

私がマケドニア語と言うとき、私はその言語がどのようにして生まれたのかを明らかにしたいと思うのである。

このマケドニア語は、何人かの非常に優れた言語学者が集まって、人々が発する不特定多数の明瞭な音から言語を発明し構築したから現れたのではなく、この言語は彼らの身体から、彼らが作り出したエネルギーの延長として発せられたものなのである。

つまり、人類創造に最初に登場した言語が自然に現れ、人はそれを声帯で楽に、自然に発声すればよいのであって、楽器を演奏して音が出るのと同じである。

ピアノがピアノの音楽を奏でるように作られているように、人間の身体も、最初に作られた特定の言語の音波を出すように作られているのである。

言葉の源はどこにあるのか?

言語は、電磁波スペクトルの音エネルギー波で表現される。

異なる波が異なる音を作り出し、これらの波が調和した組み合わせになると、明確なメロディーを生み出し、脳はその意味を解釈し、音響的なレベルでの人々のコミュニケーションとして認識するのである。

テレパシーによるコミュニケーションでは、音波は発生せず、より高い周波数の脳波のみが発生する。

しかし、この意味のあるコヒーレント(米波動が互いに干渉し合う性質を持つさま)なコミュニケーションの源は、音響であれ電磁波であれ、どこにあるのだろうか。

アヌンナキは、炭素系生命体の基本要素を創造し、科学的知識と創造のノウハウを持ち、人間の遺伝子構成の知的財産の構成要素を使用して、人間がどのように見え、考え、行動すべきかのすべての特徴を持つ、品質と内容の定式化を起草しました。

知性、視覚、聴覚、言語認識、意識認識、魂への愛着など、人間を動物とは異なる存在にしているものすべてを、その生命体に独占的にパッケージングしたのである。

そのすべてがプログラムにパッケージされ、ルーン文字で書かれた、これから誕生する人間の名前を表すコード化された書式で参照され、アストラル領域のモルフィックフィールド(※特有の情報が保存されている場)にアップロードされた。

つまり、人類という生命体は、ルーン文字で書かれた数式でコード化された、特定のプログラムを持っているのである。

そのコード化された公式は「MACEDONIA」と呼ばれている。

楽器としての人体

人間は、非常に複雑でユニークな、細かく調整された楽器に匹敵する。

身体は、肉体的、感情的、精神的、霊的な生命の周波数を、それが創造されたプログラムの言語を通して絶えず発信する。

身体の電磁場は創造のモルフィックフィールドから発せられ、オーラとして知られる身体の周りの電磁気システムの一部となっている。

あなたの脳は、創造のプログラムと、これまで生きて地球を歩いてきた一人ひとりのすべての経験からこのフィールドに蓄積された記憶に同調する受信機にすぎない。

私たちが知っている生命そのものは、アミノ酸の分子の原子結合の角度から、幾何学的形態と表裏一体である。

人体のほとんどの分子は電気双極子である。

生体分子構造の自然な特性により、細胞の構成要素や細胞全体が他の細胞と共振・相互作用し、生体の細胞や細胞の構成要素が電気的共振器として機能するのである。

このように、電気波がモルフィックフィールドの源から発せられると、その創造言語で発せられ、音声が発せられると声帯によって音響波に変換され、モルフィックフィールドのプログラムを表現した音声が自然に、無理なく発せられるのである。

音声が初めて登場した時、人々はオペラ歌手のような形で話をしていた。

その声は、映画「フィフス・エレメント」のディーバ・プラヴァラグナもかなわないほど美しく、メロディアスで、魅惑的であった。

声域は軽いものから重いものまで非常に高く、複雑なパッセージ(※一節)を声域いっぱいに使って俊敏に表現する能力を備えていた。神話に登場する英雄オルフェイ(※オルペウス)は、その超絶的な音楽性で知られ、人々は彼の話を聞くために闘技場に集まってきた。

異なる言語を作成する主な目的は何か?

現在、世界に存在するすべての言語は、マケドニア語をベースに、マケドニア語の語根に接尾語、接頭語、倒置語、単語の途中に文字を追加するなどして、人工的に作られたものである。これはドイツ・ノルディック研究所によって行われ、世界のあらゆる言語が出現したのは、約200年前のことである。

このとき、一つのマケドニア民族は、人工的に多くの異なる民族へと姿を変え、それぞれの人工民族に異なる言語を持たせたため、人々は互いに理解できず、自分たちは互いに異なると思っている。

200年前に歪んだ人工言語が人々に押し付けられ、タルタリア人の兄弟的な一つの民族が今日の多くの異なる民族に分けられた時、人々の本来のエネルギーフィールドが歪み、テレパシー能力や他の多くの高次の感覚が徐々に減少した理由の一つであり、最終的にそれらを失った。

人体は微調整された楽器であり、創作言語を通じてハーモニック音楽を継続的に発信するが、受信側で言語が変更されると、ハーモニック周波数がカオスに変換され、ピアノはピアノのように聞こえなくなる。人間の高次の感覚のすべての信号がハッキングされて混沌としたメッセージに変換され、おそらく無限の世界に孤立感と孤独感を生み出している。

今日、世界には、オリジナルのユニークな形の言語は一つもない!

音響エネルギーとは何か、そして音の周波数で寄生虫はどのようにあなたを操るのか?

音は意識を飛び越え、体のあらゆる部分、あらゆる細胞の受容体に直接届くため、瞬時に生物学的効果を生み出す。

もし音が無秩序であれば、身体の反応は遺伝毒性免疫反応となるが、音が調和的であれば、身体の反応は瞬時の癒しとなる。

音の振動が空気や水などの物質を伝わると、音波が発生する。

この結果、音エネルギーと呼ばれるエネルギーが形成される。

この振動の伝達により、様々なピッチと強さで発生する物理的、機械的エネルギーが生成される。

音の振動は、聞いたり感じたりするだけでなく、あなたの生活空間、心、体の中のエネルギーのバランスに直接影響を与える。

その結果、極めて低い混沌とした音の周波数が、あなたのオーラの保護層に入って、意識をバイパスしてそのままあなたの体のシステムを破裂すると、あなたのエネルギーを食べる寄生する存在による気分変動、不安、鬱、エネルギーの枯渇が起こり、あなた自身の意志とは反対の操作にさらされてしまうことになるのである。

ルーン文字はタルタリアのオリジナルで最初の文字である。タルタリアの末期には、同じ一つの言語に対して、さらに二つの文字が登場した。

1. ルーン音節文字、白い肌の色を持つクローンが作られる前に、魂を持つ人々が使っていた文字。抽象的な概念を、音声によって伝達可能な物質的な概念に転写し、翻訳する。言い換えれば、ルーン音節文字は神々の文字である。

2. ヒエログリフは、エロイ族(Eloi race)と呼ばれる特殊なニーズを持ったクローンとして新しく作られたもので、物質世界の環境から得たイメージや絵を使ったシンプルな文字である。マケドニアの遺伝子から生まれた彼らは、生まれたばかりの子供のようなもので、言葉は話せず、身の回りにある動物や自然のイメージを認識することができるだけであった。象形文字が当初は30個しかなかったものが、末期には5500個に増えたのはそのためである。そのため、象形文字が捨てられ、コイネ文字に置き換わった。

3. コイネ文字 – 後世代のクローンのために発明された。新しいクローンは簡略化のために象形文字を使用していたが、後代のクローンは認知的、精神的に発達するにつれて、コイネ文字を使用するようになった。コイネとは「彼はクローンである」という意味である。

タルタリアが滅亡すると、コイネ文字が現代のラテン文字キリル文字に変化した。

ロゼッタストーンのファラオ時代の法令から3つの文字を正しく認識し、下記の引用図のジャン・フランソワ・シャンポリオン(1790-1832)はこう述べている。

『第一の文字はヒエログリフ、第二の文字は古マケドニア音節文字、第三の文字は新マケドニア “コイネ “文字である。』

ラテン語とキリル文字はコイネから直接コピーされたもので、彼らはタルタリア人と同じ民族であるが、新世界秩序の言語学者たちによって、兄弟的な起源を隠す目的で、彼らの言語だけが多かれ少なかれ歪曲されたのである。

このため、これらの言語はインド・ヨーロッパ語群に属し、本来はタルタル語群に属するのである。

ギリシャ語は、マケドニア語の語源をもとに、その意味を大きく歪めて、コイネ文字を文字として採用し、わずか200年前に登場した。

というのも、現在の語源はギリシャ語までさかのぼるため、語源のほとんどが未確定で結論の出ない語源になってしまうからだ。

音節文字だけが、言葉の本当の意味を明らかにすることができる。

音節文字の特徴は、音節ごとに意味があったことだ。音節文字と表音文字の違いは大きく、相容れないものであり、音節文字を読み解く知識がなければ、言葉の本当の意味を知ることはできない。今日、われわれが使っている世界のすべての言葉は、マケドニア帝国全体で話されていた原語(音節文字)から派生したものである。

1798年、ナポレオン軍の将校シャンピョンがエジプトで発見したロゼッタストーンは、エジプト象形文字解読の鍵となった。同じ文章が、象形文字、アリマケドニア語、マケドニア語のコイネサインの3種類の文字で見られるが、ピオレマイオスは3種類とも右側に記されている。その解読は、ヒエログリフの解読の第一歩となった。

上記画像の翻訳

補足や考察

映画『フィフス・エレメント』のディーバ・プラヴァラグナの歌声はYouTubeで見つけることが出来ました。

見た目のインパクトが強すぎて、異星人感があり、動揺してしまいますね。

耳どうなってるの…?

フィフス・エレメントはU-NEXTで配信中ですね。(2022/1/30現在)

フィフス・エレメント【リュック・ベッソン監督のSFアクション】

Amazonのプライムビデオでの配信は無いですが、有料配信はあるようです。(2022/1/30現在)

タルタリアを破壊したのは、新世界秩序と関係しているのかもしれませんね。

現在もある意味似たような状況で、日本は中国や金融大国に乗っ取られる寸前であり、パンデミックを利用して世界統一政府が作られようとしているのでは、という噂もあります。

ルーン文字のマケドニアに関する記事はこちら。


以上、一般的な歴史認識と異なる内容となりますので、ご注意下さい。

記載されてる内容について、全て検証出来ている訳ではありませんが、ご容赦頂ければと思います。


後編はこちら。

世界の言語が初めて登場したのは約200〜300年前!
前回に引き続き、Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の続きになります。なお、原文を自動翻訳して少し修正を加えていますが、原文を確認される場合は下記リ...

前編はこちら。


このシリーズのリンクを以下にまとめました。

【まとめ】古代 や タルタリア や アヌンナキ の仮説・考察集( Facebook 『 TARTARIA 』グループより) #Gorgi Shepentulevski
Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の翻訳記事を、本ページにまとめたいと思います。すべての始まりは7529年前?ピラミッ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました