タルタリアは、一つの国家、一つの国、一つの人種、一つの言語であった

歴史と科学

前回に引き続き、Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の続きになります。

なお、原文を自動翻訳して少し修正を加えていますが、原文を確認される場合は下記リンクをご確認ください。

Facebookにログイン | Facebook
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

要約すると

・世界の国や地域は、ドイツ・ノルディック研究所によって、今から約200年前に人為的に作られた。
・タルタリアは一つの言語のみであった。
・タルタリアは民主主義であった。
・戦争も病気もなかった。
・タルタリア人はブレスリアン(食事をせず、呼吸からエネルギーを得る人)だった。
・タルタリア人はテレパシー能力を持っていた。
・タルタリア白人の都市は3Dプリントによって構築された。
・地下都市がトンネルで繋がっていた。
・タルタリア人は3つのテレポート技術を持っていた。
・タルタリアは一つの国家だった。
・人体は楽器の役割を果たした。
・異なる言語が出現し、テレパシー能力などは徐々に失われた。
・中国の壁(万里の長城)が建てられた頃が、今の病んだ社会への分岐点だった。

第14部

タルタリアは、一つの国家、一つの国、一つの人種、一つの言語であった。

発行:2021年6月20日

人類と炭素生命体の誕生を最初から説明する前に、タルタリア時代に少し戻って、200年前に滅亡する前のタルタリアとは何か、誰が住んでいたのかをはっきりさせたいと思う。

ネット上では、タルタリアは様々な国籍の国家が連合して築いた世界帝国であり、現在世界に存在する全ての国家が存在すると主張する記事を目にしたことがあるが、これは不合理であり、非常に間違った解釈である。

19世紀に歴史上初めて登場した国家

世界の国や地域は、ドイツ・ノルディック研究所によって人為的に作られ、歴史上初めて登場したのは、今から約200年前、正確にはタルタリア世界帝国が崩壊した1802年の大洪水の時からだということはよく知られている事実である。

ドイツ・ノルディック研究所が行ったことは、家族の老人が皆殺しにされ、何億人ものタルタル孤児が世界に再繁殖したとき、タルタル帝国全体で話されていた一つのオリジナル言語から、新しい言語が人工的に発明・創造され、これらの子供に、今日我々が知る、いわゆる世界のあらゆる国々が話すこの新しく作られた人工言語を簡単に話すように教えられたということだった。

1つの言語のみ

タルタリアでは、ルーン文字で書かれた一つの言語と一つの文字だけが存在し、その後、実際には350年ほど前に、ヒエログリフで書かれたクローン民族のための第二の文字が出現したのである。

どちらの文字も同じ言語をベースにしているが、音を表す記号が異なっている。ロゼッタストーンが解読されたとき、タルタリアの言語はマケドニア語であることが判明し、現在マケドニアで話されている言語とほとんど同じであると結論づけられた。

タルタリアーマケドニアのルーン文字

例えば、「鳥」という言葉は、音節記号を使ったルーン文字と鳥の絵を使ったヒエログリフの2種類の文字で書かれていたが、両方の文字で発音すると、他の言語が存在しなかったため、誰もが理解できるマケドニア語になっていたのである。

つまり、タルタニア時代には、ただひとつの言語だけが存在し、全住民が話していたのであり、他の言語は一切なく、全住民のための一つの言語だけだったのです。

タルタリアは真の意味での民主主義だった

タルタリア帝国は立憲君主制で、アレキサンダー大王はそのツァーリ(王)であり、帝国の最高統治者であったが、彼は国民に自分をツァーリとは呼ばせず、「等しい者の最初の一人」と呼ばせた。

なぜなら、彼らは皆兄弟姉妹で一つの家族の末裔であったからである。

人命は神聖な創造物として尊重され、憲法によって強力に保護されていた。家庭的な価値観は社会の最優先事項であった。

戦争も病気もない

もうひとつ、タルタリア時代に特に重要なことは、戦争がまったくなく、病人も病院もなかったことである。

彼らの都市は、宇宙エネルギーフィールドと調和するように建設され、ヒーリングエネルギーセンターとして機能し、全住民を常に健康な状態に保っていたのです。

タルタリア人はブレスリアン

つまり、タルタニア人は食べることでエネルギーを得ていたのではなく、呼吸する空気から生命エネルギーを得ていたブレスリアンで、そのため台所やトイレを必要としなかったのである。

タルタリア人はテレパシーを持っていた

それだけでなく、タルタリア人の建物には、テレビやラジオのアンテナも、電話やインターネットの回線も、ワイヤレスインターネットや携帯電話のWi-Fiタワーの送信機もなかったのである。

つまり、タルタリア人はテレパシー能力を持っていて、テクノロジーを使わずにテレパシーで互いにコミュニケーションをとることができ、アストラルトラベルの能力を持っていたのです。

タルタリアンは、350年前にクローンを製造する際に使用した海底ケーブルネットワークを、現在も海底に構築している。

クローンには魂がないため、タルタリアンのような能力、テレパシーでのコミュニケーション、アストラルトラベルはできない。クローンは生命力のエネルギー源となる食物を必要とし、そうでなければ死んでしまう。

タルタニア白人の都市は3Dプリンターで作られた

タルタリア人は、生活のあらゆる面で非常に高度な技術を持っていました。彼らのテクノロジーは、電磁波と周波数に基づいている。

彼らは、カーボン、シリコン、またはその他の印刷の元素化合物である3D印刷の達人だった。

建築家、技術者、建設労働者がブロックを積み重ねて建物を建設する古典的な方法ではなく、電磁波による3Dプリンティングで遠隔操作し、原子のイオン元素から化合物を合成して白い都市を建設したのである。

3Dプリンターで都市を建設することで、1-2-3-4…kmの高さのビルを好きなだけ建てることができたのである。

2〜3mの高さから21mの高さの人間まで、さまざまな大きさの人間を収容できるように、建物の大きさや比率もさまざまだ。

地下都市とトンネル

タルタニア人は地下建造物の名人だった。

彼らは、地上の都市よりもはるかに壮大で華麗な地下の白い都市を建設し、すべてを地下トンネルで結び、高速で簡単、かつ安全に移動できる高速電気列車を走らせた。

なぜなら彼らは、いつか大洪水が地上のすべてを一掃することを知っていたからである。

そして、西暦1802年、600mの津波がタルタリア世界帝国を一掃したのです。

テレポーテーション

地上では、タルタリア人は3つのテレポーテーションの方法を持っていた。

彼らは世界のどの場所にもテレポートできる非常に高度な技術を持っており、それには次のようなものがあった。

1. 浮遊による短距離テレポーテーションの技術で、「エルチェの貴婦人」と呼ばれる人工遺物に示されている。

2. タルタニア地方の特定の建物に設置されたエネルギーセンターの座標を示す無線ポータルによって。

3. スターゲートのプラズマエネルギー場により、電磁トーラス磁場の大空に囲まれた地球の境界からテレポーテーション移動が可能になった。

浮遊による短距離テレポーテーションの技術を身につけたエルチェの女性
タルタリアーマケドニアのスターゲートポータル、北マケドニアのkokino
タルタリアのスターゲートポータル

一つの国

タルタリア人は、今日から2021年前に第一次マケドニア人の創造が始まったとき、マケドニア人を祖先とする子孫として一つの国家であり、血と創造によるすべての兄弟姉妹であったのである。

高度な技術も奇跡的な人間の能力も、クローン人種が出現するまでは、タルタリア人は身長に関係なく、血と祖先が兄弟姉妹だったからこそ可能だったのである。

マケドニア語はどのように生まれたか?

音声が出現し、言語として発達したとき、タルタリア帝国全土で話されていた言語はひとつだけであり、その言語はマケドニア語であった。

マケドニア語といっても、その言語がどのように生まれたかを明らかにしたいだけなのである。

このマケドニア語は、何人かの非常に優れた言語学者が集まって、人々が発する不特定多数の明瞭な音から言語を発明し、構築したから現れたのではなく、この言語は、彼らの身体から、彼らが生み出したエネルギーの延長として発せられたものなのである。

つまり、人類創造に最初に登場した言語は、楽器を叩けば音が出るのと同じように、自然に現れて、人は声帯で楽に、自然に発声すればよかったのである。

ピアノがピアノの音楽を奏でるように作られているように、人間の身体も、最初に作られた特定の言語の音波を出すように作られている。

このことについては、「人類はルーン文字で書かれた創造物をコード化した」という記事の第8部に書いてある。

アヌンナキは、炭素系生命体の基本要素を創造し、科学的知識と創造のノウハウを持ち、人間の遺伝子構成の知的財産の構成要素を使用して、人間がどのように見え、考え、行動すべきかのすべての特徴を持つ、品質と内容の公式を作成した。

知性、視覚能力、聴覚能力、言語認知能力、意識認識能力、魂への愛着など、人間を動物と異にするあらゆるものが、その生命体に独占的にパッケージされたのである。

人間が動物と異なる第一の点は、人間には魂があり(クローンを除く)、動物には魂がないことである。

そのすべてがプログラムにパッケージされ、ルーン文字で書かれた、これから誕生する人間の名前を表すコード化された書式で参照され、アストラル領域のモルフィックフィールド(※特有の情報が保存されている場)にアップロードされている。

つまり、人類という生命体は、ルーン文字で書かれた数式でコード化された、特定のプログラムを持っているのである。

そのコード化された公式は「MACEDONIA」と呼ばれている。

楽器としての人体

人間は、非常に複雑でユニークな、細かく調整された楽器に等しい。

身体は、肉体的、感情的、精神的、霊的な生命の周波数を、それが創造されたプログラムの言語を通して絶えず放送している。

身体の電磁場は創造のモルフィックフィールドから発せられ、あなたの身体の周りの電磁気システムの一部となっている。

あなたの脳は、創造のプログラムに同調する受信機に過ぎず、このフィールドには、これまで生きて地球を歩いてきた魂を持つ一人一人の人間のすべての経験から蓄えられたメモリがあるのだ。

私たちが知っている生命そのものは、アミノ酸の分子の原子結合の角度から、幾何学的形態と表裏一体である。

人体のほとんどの分子は電気双極子である。

生体分子構造の自然な特性により、細胞の構成要素や細胞全体が他の細胞と共振・相互作用し、生体の細胞や細胞の構成要素が電気的共振器として機能するのである。

このように、電気波がモルフィックフィールドの源から発せられると、その創造言語で発せられ、音声が発せられると声帯によって音響波に変換され、モルフィックフィールドのプログラムを表現した音声が自然に、無理なく発せられるのである。

異言語の出現

今日、世界に存在するすべての言語は、マケドニア語をベースに、マケドニア語の語根に接尾語、接頭語、倒置語、単語の真ん中に文字を追

加するなどして人工的に作られたものである。これは、ドイツ・ノルディック研究所によって行われたもので、世界のあらゆる言語は、たった200年前に出現したのである。

200年前に歪んだ人工言語が人々に押し付けられ、タルタニア人の兄弟的な一つの民族が今日の多くの異なる民族に分けられた時、人々の本来のエネルギーフィールドが歪み、テレパシー能力や他の多くの高次の感覚が徐々に減少し、最終的に失われた理由の一つである。

受信側の言語が変わると、調和的な周波数がカオスに変換され、ピアノがピアノに聞こえなくなる。

人間の高次の感覚の信号はすべてハッキングされ、混沌としたメッセージに変換され、無限であるはずの宇宙の中で孤立と孤独の感覚を生み出しているのだ。

サウンドエネルギーとは何か、そして音の周波数で寄生虫はどのようにあなたを操るのか?

音は意識を飛び越え、体のあらゆる部分、あらゆる細胞の受容体に直接届くため、瞬時に生物学的効果を生み出すのだ。

もし音が無秩序であれば、身体の反応は遺伝毒性免疫反応となるが、音が調和的であれば、身体の反応は瞬時の癒しとなる。

音の振動が空気や水などの物質を伝わると、音波が発生する。

この結果、音エネルギーと呼ばれるエネルギーが形成される。この振動の伝達により、様々なピッチと強さで発生する物理的、機械的エネルギーが生成される。

音の振動は、聞いたり感じたりするだけでなく、あなたの生活空間、心、体の中のエネルギーのバランスに直接影響を与える。

その結果、あなたのオーラの保護層が極端に低い混沌とした音の周波数によって破られると、あなたのエネルギーを糧とする寄生生物による気分変動、不安、鬱、エネルギー枯渇が起こり、意識的意思をバイパスしてあなたの身体システムにそのまま侵入し、あなた自身の意識的意思に反する操作にさらされることになるのである。

中国の壁

タルタリアの健康な社会が、今日の病んだ社会への分岐点は、中国の壁が建設されたときであった。

中国の壁が作られた理由はとても魅力的で、誰も真実に近づいていない、本やインターネットの文献はすべて完全に間違っている、と頭を悩ませている。


今までの説に加えて、テレポートの話も出てきて、よりSF感が増しました。

スターゲートの画像に関しては、まるでボールミル(粉砕機の一種)のようだと以前SNSで見かけました。

ギア形状の痕跡が見られるリング
Cement clinker grinding mill, cement ball mill – CHAENG

ボールミルの概要図は日本ガイシのホームページの碍子の作り方の絵にも出てきます。

スターゲートでは無いにしても、過去の人々がボールミルを扱っていたと考えると技術力は現代と同等か、それ以上だった可能性も考えられるのではないでしょうか。

そういえば、フィラデルフィア号事件はテレポートやタイムトラベルの実験をしていたのではないかと、言われてますね。いわゆる都市伝説の類いですが。

フィラデルフィア計画 - Wikipedia

中国の壁については記述が少ないですが、万里の長城のことですね。

アタナシウス・キルヒャーによる17世紀の中国の地図を見ると、国は万里の長城の中で終わり、それを越えてタルタリアの土地が始まっているように見えます。

キルヒャーの古地図

ドイツ・ノルディック研究所について検索していますが、該当するものが探せておりません。どなたか分かった方がおられましたら、コメントいただけると嬉しいです。

仮説に対する検証資料が集まれば、信憑性が少し上がるのではないかと思います。

個人的に思う事ですが、『この説は無いだろう』と判断する場合、それを裏付ける科学的根拠自体が信憑性が疑わしい事もあるように感じます。

これから、検証出来るものについては、検証を進めていけば良いので、それまでは判断を保留して、様々な視点から考察すれば良いと思います。

『ある』と言われているモノが無かったり、『ない』と言われてきたモノが隠されていたり、今の社会はおかしい事だらけではないでしょうか。


以上、一般的な歴史認識と異なる内容となりますので、ご注意下さい。

記載されてる内容について、全て検証出来ている訳ではありませんが、ご容赦頂ければと思います。


後編はこちら。

前編はこちら。


このシリーズのリンクを以下にまとめました。

【まとめ】古代 や タルタリア や アヌンナキ の仮説・考察集( Facebook 『 TARTARIA 』グループより) #Gorgi Shepentulevski
Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の翻訳記事を、本ページにまとめたいと思います。すべての始まりは7529年前?ピラミッ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました