トーラスドームが平らな地球の極小部分を覆っている! #フラットアース

歴史と科学

前回に引き続き、Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の続きになります。

なお、原文を自動翻訳して少し修正を加えていますが、原文を確認される場合は下記リンクをご確認ください。

Facebookにログイン
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

要約すると

・アヌンナキが来る前、地球平面はシリコンベースの巨人と巨木などの生命体で構成されていた。
・電磁トーラスシールドの天蓋をアヌンナキが起動させた。
・電磁波シールドドームの「天蓋」は、地上も地下もカバーしている。
・アンダーワールドは人類創造プロジェクトを担当するアヌンナキ一族の科学者たちの住まい。
・磁気反転とは、トーラスの磁北と磁南の位置が入れ替わり、磁場が反転することである。
・北極は平らな地球の表面上にあり、南極は地下世界の地面の下にある。
・北極の開口部の中心の周りに、4つの大きな大陸があり、4つの巨大な川の流れであるオセアヌスによって分けられている。
・私たちの住む5つの大陸は、高さ80mから4kmの氷の壁に囲まれている。
・世界を取り囲む氷壁の反対側には、少なくとも33以上の大陸がある。

第18部

トーラスドームが平らな地球の極小部分を覆っている!

発行:2021年7月24日

アヌンナキは7529年前、自分たちのために魂を収穫するために、巨大な地球平面(フラットアース)のこの小さな部分に到着した。

フラットアース領域全体は、巨人級のシリコン(ケイ素、珪素)ベースの生命体でできている。

アヌンナキは、シリコンベースの巨人の男女の生息地と、高さ120kmにも及ぶシリコンベースの巨木を住処とした。

巨人との戦争に勝利した彼ら(アヌンナキ)は、巨木を伐採し、ケイ素の精製を行うためにグレイズを奴隷として作り出し、その珪素で結晶都市を建設した。

最終的に、数千年後、5508年後に完成するために、仕事が完了し、直径400,000 kmの土地からすべての巨大なシリコンの木が取り除かれ、シリコンの都市が建設され、電磁トーラスの天蓋が活性化されて領域を覆い封鎖した。

直径400,000kmの天蓋があるため、プラズマスターゲートポータルを介してアヌンナキ自身を除いて、何も逃げることができず、誰も外部から入ることができないのである。

この時点では、人間も植物も動物も存在せず、アヌンナキは自分たちの魂を収穫するために、人間の炭素生命体を作る必要があったのだ。

この地球上のドーム – 天蓋の下での人間の創造は、ちょうど2021年前に初めて始まった。

ドームは何でできているのか?

ドーム – 天蓋とは、電磁波トーラスシールドのことである。

この種のシールドは数時間で作動し、アヌンナキがここに来る前にすでにその技術を持っていた。

電磁気プラズマシールドは、放射線を偏向させるだけでなく、外からのあらゆる敵の攻撃を跳ね返すことができる。

天蓋は電磁波シールドで作られている。

電磁波シールドドームの「天蓋」は、地上直径400,000km、地下400,000kmのエリアをカバーしている。

アヌンナキが設計したこのプロジェクトをグレイが5508年かけて完成させた理由は、地上の整地だけでなく、アンダーワールドと呼ばれるプロジェクト担当の主任科学者が住む地下も大量に掘ったからだ。

地下の掘削は、通常の方法ではなく、高出力の電磁気的な機械によって行われ、9.11のニューヨークのツインタワーで起こったように、多孔質の地殻を瞬時に粉塵に変えてしまう。

アンダーワールドは、地上の生命を制御する高度に発達したネットワークシステムを持つ、本物の世界である。

これが、私たちが「アンダーワールド」という言葉を耳にする理由である。

アスガルドミッドガルドアンダーワールド(またはヘル)。

地殻は優れた導電体であるため、トーラスのシールドが地上に広がるのと同じように、地中にも広がっている。

アスガルドは最高神アヌが側近や召使とともに住む水晶の都、ミッドガルドは私たちのいる場所、アンダーワールドは人類創造プロジェクトを担当するアヌンナキ一族の科学者たちの住まいである。

ドーム状の大空の下にある平らな地球の中央には、直径約200kmの大きな開口部があり、そこにプラズマ遮蔽装置「トーラス」が設置されている。大洋を水で満たす巨大な川「オセアヌス」(オーケアノス)も冥界から湧き出している。

コンパスの針が北を向いているのは、トーラスの両面渦漏斗形状の双極磁化軸があり、そこから最も強い電磁エネルギーが放出され、トーラスの電磁ドームのプラズマ球を作り、地表と地中の両地域を包み込んでシールドするからである。

磁気反転とは、トーラスの磁北と磁南の位置が入れ替わり、磁場が反転することである(地理的な北と南を混同しないように)。

磁北が地理的な北から前後に動くのは、トーラスの螺旋状の軸漏斗が安定せず、常に地理的な北の中心から前後に動いているからである。

ポールシフトは、トーラスの電磁場の軸が、上向きから下向きに変化する現象であり、この現象は、トーラスの電磁場の軸が、上向きから下向きに変化することによって起こる。

これはおよそ10〜12年ごとに起こる。

北極は平らな地球の表面上にあり、南極は地下世界の地面の下にある。極が移動すると、北極は地面の下へ、南極は地面の上へ移動する。

つまり、地理的な北極と磁気の南極は、どちらも平らな地球の中心にあり、そこには冥界への入り口から湧き出るオセアヌス川があるのだ。

いわゆる南極が南極大陸にあるというのは、南極があるわけでもなく、南極大陸があるわけでもないので、捏造である。

北極の開口部の中心の周りに、4つの大きな大陸があり、4つの巨大な川の流れであるオセアヌスによって分けられている。

水は外側から海に向かって流れ、リサイクルのために冥界に逆流し、冥界で塩分を含んだ水がリサイクルされて脱塩されると、甘い、飲める水として海の方に戻され、それらの4大陸に住む人々に新鮮で飲用や灌漑用の水を供給しているのである。

この大汗の川は、ノルウェーの船乗りオラフ・ヤンセンと彼の父親が「インナーアース」への旅で飲み水を提供した、と呼ばれる本に書かれている。

1908年にウィリス・ジョージ・エマーソンが書いた「The Smoky God, or A Voyage Journey to the Inner Earth」(スモーキー・ゴッド、または内なる地球への航海の旅)という本には、北極にある地球内部への入り口を通って父親と航海したノルウェー人の船乗り、オラフ・ヤンセンの冒険が描かれているのである。

私たちの住む5つの大陸は、高さ80mから4kmの氷の壁に囲まれている。

私たちの世界を取り囲む氷壁の反対側には、少なくとも33以上の大陸があり、私たちの世界が占める直径40,000kmの小さな部分と比較すると、ドームが覆う直径40万kmのうち、どれだけの土地があるのか想像してみてほしい。

5つの大陸からなるこの世界は、アヌンナキの科学スタッフが私たちを監視するために遠くへ行く必要がないこと、オセアヌス川の循環する距離が短いこと、地下から湧き出る最大の川による人工地球の灌漑システムなど、多くの理由から意図的に地下世界に近い場所に置かれているのである。

氷の壁の向こう側にある他の33の大陸

つまり、直径40万kmに及ぶ陸地のすべてがドーム(天蓋)に覆われ、その中心にある私たちの5つの大陸もドームの下にあるのだ。

この5大陸は高さ80mから4kmの氷の壁で囲まれており、氷の壁の向こう側にある他の33大陸へのアクセスを遮断している。

私たちが知っている南極は存在しない!

私たちが知っている “南極 “は、実際には氷の壁の輪であり、ドームの下にある33の大陸への反対側へのアクセスをブロックしているのである!

ドームの向こう側、直径400,000kmの平らな地球は、シリコンベースの動植物の土地に果てしなく広がり、そこには身長20kmを超える巨人が住んでいます。

また、ドームの向こうには、アヌンナキなど10,000,000もの高度な知的文明が存在し、超高速のモルフィックファイルによるインターネット領域で互いに通信している。

ハワイアンガゼット、1月11日(金)。1907年
この世界地図は10世紀前に作られたのか?

「銅筒から発見された写本」よりも奇妙なのは、日本の山中にある仏教寺院から海を渡ってホノルルに届いた地図の写本である。1000年前の世界地図である。ホノルルの有名な日本人医師、外科医である小林博士は、10世紀前に中国の僧侶によって作られたと思われるこの地図のコピーを受け取った。
北極を中心に、北南米、ヨーロッパ、アフリカ、アジア、オーストラリアの各大陸が円形に並ぶメルカトル図法の原理で描かれている。
「この地図は、私の兄が日本の山奥のお寺で見つけたものです。」と小林博士は言った。「昔はこのような地図は当局によって破棄されたのでしょう。というのも、この地図の原本は、あるブドルヒストの僧侶が中国から持ち帰り、この寺に隠したという書状が残っているからです。」

「10年前、私の兄は肺病でした。私は医者でしたが、彼は薬による治療を望みませんでした。彼は山に入って、自分で治療を試みようと決心しました。10年間、彼はそこに留まり、自分の意志の力を使って治療を続けました。今では、彼は元気になりました。彼は山に滞在している間に、この地図を見つけました。彼はこの地図から、地球が球体であることを示す現代のあらゆる事実にもかかわらず、地球が平らであるという説を展開しました。この説は、彼の人生における一つの目的でありました。彼は芸術家であり、自分の理論を実証するために、機械的、天文学的、工学的手法が示された、絵になる、目に魅力的な美しい絵を描きました。
「コロンブスやアメリゴ・ヴェスプッチは、新しい国を目指して、ある方向にまっすぐ進めば、最終的にその場所にたどり着くと信じて航海した、と兄は言っています。
『ある港から出航した船が、一般的な東風に沿って進み続けると、同じ場所に到着する』ということを、私たち現代人は知っています。
船はもちろん、地球を一周する。広大な平面を、お椀の縁を回るように航海する、というのが兄の持論です。」
地図に添えられたイラストは、日本の美しい芸術の一例である。これほど魅力的な地理書はないだろう。桜の花、富士山、美しい青い海、ジャンクやサンパンの帆が点在している。
風景画や海景画、日本女性の奇妙な絵など、昔のスタイルでデザインされたものがあります。しかし、どの絵も、工学的な線が、絵を損なわないように生かされている。また、各ページに解説文があり、地理が容易に理解できる。
小林博士は現在、数十枚の原紙をすべて持っており、これを弟のもとに帰国させ、出版社の手に渡す予定である。これは、この時代の最も斬新な出版物の一つになるだろう。
小林博士の弟が描いた、添付のカットをトレースしたオリジナルの地図は、ミミズ腫れで、かろうじて持ちこたえている状態。大陸やハワイ諸島まで描かれた上記の地図は、原図をトレースした神父が作ったものでないことは明らかである。


考察や補足

地球空洞説と、トーラス状のフラットアースの絵は共通する部分があると、以前から想像していました。

オラフ・ヤンセンという方が地球内部に行ったという話は興味深いですね。リチャード・バード少将の話は知っていましたが、他にも行ったことがあるという話は知りませんでした。

検索すると、定価を超えてるこの書籍…

地球内部を旅した男―オラフ・ヤンセンのシャンバラ・レポート

買うのは少し躊躇いますね。

北極圏で猛烈な嵐に曝された父子の漁船が、命からがら行き着いた先は、異次元の地球空洞世界だった。内部中心には白い電気の雲に覆われた太陽(スモーキー・ゴッド)が輝き、聖書に描かれたエデンの園が実在していた。サンスクリット語に似た言語を話す長寿の巨人族、巨大動植物群、電気を応用した交通網、謎めいた通信技術、黄金の建造物…外部世界へ帰還するまでの2年間で体験した驚愕の詳細レポート。

最後の世界地図は、現行地球のフラットアースモデルの外側に33の島国があるというものです。1000年前のものとされてますが、日本は平安時代ということになります。ハワイアン・ガゼットについて調べると、1865-1918の期間で発行されていたハワイの新聞で、1865年にカメハメハ5世の下で王国の公式新聞となったようですので、1909年の新聞というのは本当のようです。(下記リンク参照)

The Hawaiian Gazette (Honolulu [Oahu, Hawaii]) 1865-1918
Semiweekly, Jan. 1894- Vol. 1, no. 1 (Jan. 21, 1865)- Ceased Nov. 29, 1918. Publishers: J. Mott-Smith, 1865-; M. Raplee, ; Henry M. Whitney, 1873-1878. Editors:...

地図が載ってる新聞の原本は下記リンクで確認出来ます。

The Hawaiian gazette. [volume] (Honolulu [Oahu, Hawaii]) 1865-1918, January 11, 1907, Page 2, Image 2
The Hawaiian gazette. (Honolulu ) 1865-1918, January 11, 1907, Page 2, Image 2, brought to you by University of Hawaii at Manoa; Honolulu, HI, and the National...

日本の時代背景を考えると、フェイク情報の可能性が高いのではないかと考えてしまいます。

コロンブス時代以前にアメリカ大陸やオーストラリアまで確認出来ているので、本当であれば歴史の教科書は書き直しになります。

過去記事で投稿したように、年代は詐称されてる可能性があるので、実は過去の世界地図を正しく表したものかもしれませんね。

天蓋の外側は電磁シールドで誰も外側に出られないのであれば、『誰が確認したのか?』と思いますが過去の生命体が残した資料だったのでしょうか。

それとも画像編集ソフトのフォトショップなどで加工されたものか。

南極条約のせいで、南極の外側を確認することが出来ないので、謎は深まるばかりです。

世界中の人々が『南極は大陸ではなく、大きな壁であり、南極の外側に何かあるのではないか』と疑い始めたら、世論を動かせるかもしれませんね。生きてる間に、南極の外側の情報を見てみたいものです。

この世界地図に関しては、古代の地図を再描画した近代的なコピーであると主張する記事もあるようです。(下記リンク参照)

The 1907 Ancient World Map Hoax
NOTE

フラットアースって何?と言う方はこちらの本など如何でしょうか。


以上、一般的な歴史認識と異なる内容となりますので、ご注意下さい。

記載されてる内容について、全て検証出来ている訳ではありませんが、ご容赦頂ければと思います。


後編はこちら。

前編はこちら。


このシリーズのリンクを以下にまとめました。

【まとめ】古代 や タルタリア や アヌンナキ の仮説・考察集( Facebook 『 TARTARIA 』グループより) #Gorgi Shepentulevski
Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の翻訳記事を、本ページにまとめたいと思います。すべての始まりは7529年前?ピラミッ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました