モルフィックフィールド、ルーン文字

歴史と科学

前回に引き続き、Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の続きになります。

なお、原文を自動翻訳して少し修正を加えていますが、原文を確認される場合は下記リンクをご確認ください。

Facebookにログイン | Facebook
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

第7部

モルフィックフィールド、Dzyan- ЏАНの書、ルーン文字

発行:2021年4月17日

Dzyan – ЏАНという本は、ディオニス(ディオニュソス)が作曲し、ルーン文字で書かれたもので、知覚的な抽象イメージとアイデアのコンパクトな層でコード化されており、各ルーンは他のルーンと組み合わせて多くの異なるものを意味する。

このことが実際に何を意味するかというと、モルフィックフィールド(※特有の情報が保存されている場)の劣化コピーであるGoogleの検索エンジンに似ている。

例えば、コンピュータのGoogle検索で「遺伝学」と入力すると、インターネット上の数百万のファイルにアクセスし、遺伝子、遺伝的変異、生物の遺伝に関する遺伝学の全研究を説明することになる。

つまり、Googleの検索エンジンでは、「遺伝学」は、インターネット上の何百万もの書籍や論文に書かれている、遺伝子とは何か、遺伝子の変異、生物の遺伝を説明する学問のコードネームになっている。

しかし、ルーン文字で書かれた「遺伝」という一語を見れば、遺伝子とは何か、遺伝子の変異、生物の遺伝に関するすべての知識が、創造主である神によってリアルタイムで記録されているモルフィックフィールドにアクセスすることができる。

そして、Google検索でインターネットにアクセスするように、モルフィックフィールドにアクセスすることができれば、遺伝学の本当の知識を読み、身につけることができるようになる。

インターネットのGoogle検索で説明される遺伝学と、モルフィックフィールドでの遺伝学の違いは、大きく2つの点で非常に大きい、

一つは、インターネット上の遺伝学のソースは未定義で不確かな部分が多いのに対し、モルフィックフィールドのソースは過去にリアルタイムで起こったことなので100%正確であるということである。

もう一つは、インターネットや書籍で研究内容を全部読んでも、そのほんの一部しか覚えていないが、モルフィックフィールドでアクセスした知識は、集中した意図によって記憶の中に完全に存在し、そこに意識を集中するだけで、どんな内容の知識でも瞬時に受け取ることができるのだ。

だから、その記憶は最後の細部まで完全である。

だから、ルーン文字のモルフィックフィールドの「遺伝」は創造のコードネームであり、ディオニスの弟のヘルメスがルーン文字の神聖な知識をヘルメスや錬金術の著作の形でコード化し音訳するために何百万冊もの本を書かなければならなかった理由はそこにあるのである。

これこそが、オーディンとディオニスが運命に対する知恵を主張するために死んで生まれ変わらなければならなかった本当の理由であり、アヌンナキが純化したケイ素の結晶で都市を建設した理由なのです。

モルフィックフィールドはルニックの魔法の知恵と力の本当の源であり、それはオーディンとディオニスが死ぬに値することを証明した。

Genetics(遺伝学)という言葉のコード化された形は、どの文字で書かれるかによって意味が違ってくる。今日の表音文字では、語源の意味層が最も減少し劣化しているため、「Genetics」は「起源」を意味する。しかし、ルーン文字の音節文字で書くと、次のような意味になる。

「炭素を主成分とするすべての生命体を創造するための基礎となる生命力エネルギーを創造する科学」という意味である。

暗号化された文字としてのルーンは、その一面に過ぎない。

ルーン文字とモルフィックフィールドについては、さらに二つの大きな側面があり、それは大衆にとって禁断の知識となっている。

第二の側面は、「知的財産権」である。

この巨大な宇宙の平面には、アヌンナキ以外にも、神々と呼ばれる高度に知的で技術的に進歩した文明が多数存在し、平和と秩序を保つために、神々自身も含めて、誰もがそれを遵守しなければならない普遍的な法と正義が存在している。

宇宙を支配する大きな法律の一つに「知的財産」の権利があり、世界貿易機構はそれをコピーして整合性を持たせている。

知的財産権とは、創作者にその創作物の使用に関する独占的な権利を与える権利である。

例えば、アヌンナキが炭素生命体を作る発明をしたとき、彼らはその発明を「遺伝学」としてコード化し、それによって著作権保護を主張した。

科学者がアヌンナキ神に「我々は今、土から生命を作ることができる」と言った逸話を思い出してください。すると、アヌンナキ神は「まず、自分で土を作らなければならない」と答えた。

アヌンナキが実際に言いたかったのは、生命を生み出す5つの元素はアヌンナキの知的財産であり、彼らにはその所有権があるため、地球上の科学者はアヌンナキの許可なくそれを使用することはできない、ということだ。

第三は、ユニバーサル・ネットワーク・オブ・コミュニケーションである。

地球上の人間は、サイバースペースを使って、インターネットを通じてデータを保存、修正、交換する。このネットワークは、モルフィックフィールドの広大な劣化したアストラル領域のコピーである。

宇宙の神々の知的文明は、モルフィック・フィールドをサイバースペースとして、普遍的な通信ネットワークを通じてデータの保存、修正、交換を行い、知的財産に関するすべての知識を保存し、著作権保護に努めている。

宇宙には唯一、誰もが理解し、話すことのできる共通言語があり、この共通言語の文字がルーン文字で書かれており、どちらも神々の言語、文字として知られている。

そこで、アヌンナキが著作権保護のためにコード化した「遺伝子」の発明は、宇宙のモルフィックフィールド・アストラル領域に保存され、アヌンナキの知的財産の独占権を与えているのである。

もし、宇宙の他の人々が彼らの作品を使用、再利用、または再目的化したい場合は、まずアヌンナキに連絡して、彼らを所有者とし、彼らが適切と考える目的のために使用する必要がある。

以上、モルフィックフィールドとは何か、オーディンやディオニスが自分たちのために自分を犠牲にしたときに、どのような知識を利用したのか、その概要を説明した。

私たちは一人ではなく、少し前にアヌンナキの神々によって作られた炭素ベースの産物であるということです。

ルーン文字で「遺伝」を書くとこうなる(下写真)。


以上、一般的な歴史認識と異なる内容となりますので、ご注意下さい。

記載されてる内容について、全て検証出来ている訳ではありませんが、ご容赦頂ければと思います。


後編はこちら。

前編はこちら。


このシリーズのリンクを以下にまとめました。

【まとめ】古代 や タルタリア や アヌンナキ の仮説・考察集( Facebook 『 TARTARIA 』グループより) #Gorgi Shepentulevski
Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の翻訳記事を、本ページにまとめたいと思います。すべての始まりは7529年前?ピラミッ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました