世界の言語が初めて登場したのは約200〜300年前!

歴史と科学

前回に引き続き、Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の続きになります。

なお、原文を自動翻訳して少し修正を加えていますが、原文を確認される場合は下記リンクをご確認ください。

Facebookにログイン
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

要約すると

・初めて異なる言語が出現したのは約200-300年前
・それまで世界中で話されていたのはタルタリア帝国の1言語だけだった。
・ルーン文字で書かれた音節から古いマケドニア語が作られた。
・ドイツ・ノルディック研究所によって、さまざまな言語が作られた。
・2歳未満の小さな子供たちが、保育施設で新しい言語を強制的に習得させられた。
・強制は1820年から1945年の第二次世界大戦に至るまで長期に行われた。
・1802年の高さ600mの大津波による大洪水でタルタリアは壊滅状態になった。
・1840年から1860年にかけて泥水で覆われた空虚な街並みが数多く残っている。
・最も古い人種は白人だが、黄色人種、褐色人種、黒色人種は姉弟のようなもの。
・太平洋諸国、インド、ハンガリー、マリ共和国は原始タルタリア語の名残がある。
・空虚な都市に孤児や村の人々を再定住させる際、言葉がすり替わった。

第21部

世界の言語が初めて登場したのは約200〜300年前!

発行:2021年8月16日

免責事項!

– 私の記事の中で、私が「マケドニア」という言葉を使うのは、炭素の生命体である人類の創造を説明するコード化された文献の有益性を示すものであって、いかなる種類の国家主義的な支持を意味しない。 しかし、私たちの創造の本質においては、国籍、宗教、肌の色に関係なく、私たちはみな同じであり、同じ天使の存在の領域から発した姉妹であり兄弟なのである!-

人類の歴史上、初めて異なる言語が出現したのは約200-300年前で、それまで世界中で話されていたのはタルタリア帝国の1言語だけだった。タルタリア語、マケドニア語の原語をもとに、同じドイツ・ノルディック研究所によって、さまざまな言語がつくられたのである。

1750年、ドイツ・ノルディック研究所は、設立からわずか50年で、ヨーロッパだけで700以上の大学を設立し、さらに世界各地に100の大学を設立して、新しい言語を生み出すだけでなく、タルタリアの科学と知識をすべて偽っていた。デービッド・ユーイング・ジュニアは『タルタリア・タタール都市』という本の中で、この数を正確に特定している。彼の他の著書「タルタリア・ヒトラー」はこのテーマに関しても良い読み物です。

この大学の数は年々飛躍的に増え、最終的には25,000校に達し、さらに現在では世界中に未確認の大学があるが、すべてドイツ・ノルディック研究所が偽装して経営している。

彼らは、語源に表面的な要素を加えて新しい言葉を作り、既存の言葉の意味を変え、意味のない新しい言葉を作り出したのである。今日の語源がタルタリア時代まで遡れないのはこのためであり、その意味はたいてい無意味で無価値である。ルーン文字で書かれた音節から古いマケドニア語が作られ、すべての音節がエネルギーと力の価値を持ち、その意味を創造そのものにたどっていたのである。それぞれのルーンは生命力の意識と力のエネルギーのシンボルであり、ルーンを書くことは、それが象徴する力を呼び起こし、導くことであった。

その中で、語源に追加されたものは次のようなものであった。

接尾辞、接頭辞、接辞、複合語、格、膠着語(それぞれが意味の一部を担っている形態素の線形配列でできた単語)、母音調和、動詞活用、定・不定活用、定・不定冠詞、造語、強調、音韻、正書法、アクセント、口蓋垂、声調、ロゴマーク(中国語のロゴマークは単語全体、または意味の単位全体を表す一文字)、音韻、ピッチ、アクセント、屈折(中国語のように文法的意味を表すために言葉を修飾)、多くの異なるフォント、などです。

誰もが口にする疑問の第一は、「新しい話し言葉を大人たちに強制することは可能なのか?

新しい言語が強制されたのは大人ではなく、2歳にも満たない小さな子供たちが家族から強制的に連れ出され、すでに用意されていた保育施設に入れられ、そこで子供たちは新しい言語を強制的に習得させられたのである。この強制的な新語学習は、ナポレオン戦争直後の1820年から、1945年の第二次世界大戦に至るまで、長期にわたって行われた。

こうして、世界中の子どもたちが新しい言葉、新しい文化を学ぶことを余儀なくされたのである。

1802年の高さ600mの大津波による大洪水で壊滅したタルタリアは、その後、高電圧雷撃で消滅し、さらに「ナポレオン対ロシア戦争」でその拠点に地上軍が侵攻し、タルタリアの都市はすべて放棄され、生き残った人々は村や田舎に移住して自分たちの生産物で生活していた。1840年から1860年にかけての世界各地のゴースト・シティーには、泥水で覆われた空虚な街並みが数多く残っている。

1840年から60年にかけての大都市の街角には、どこにも見るべき人がいない!

モスクワ、サンクトペテルブルグ、エジンバラ、コペンハーゲン、ドレスデン、リオ、トロント、パリ、ロンドン、ローマ、キエフ、サンフランシスコ、シカゴ、などなど。

1860年まで大都市にはまったく人がいなかったのに、突然、まずロンドンに、次にパリに人が現れたのだ!

新世界秩序の裏の支配者たちは、来るべき出来事のために、すでに詳細に計画し、非常によく準備し、資金を調達し、組織していたのである。

この目的のために、100年前の西暦1700年頃、新世界秩序の管理者たちは、旧世界を真新しい表層的世界へと再形成するという特定の任務を持った最も重要な機関に資金を提供し、設立し、権限を与えていたのである。

この機関は、ドイツに拠点を置く「ドイツ・ノルディック研究所」と呼ばれ、その役割は、人々が食べるものから、人々が考えることまで、科学と自然のあらゆるレベルにおいて実践的かつ科学的に、タルタリア人の生活様式をすべて変えることであった。

300年の歴史を経て、その役目を終えた後、2012年に閉鎖され、その後、世界中の学校や大学に姿を変え、未来の世界の教育を監督、指導している。その存在に関する記録はすべて消去された。私はペタル・ポポフスキー博士からこのことを知った。博士は、この機関が書いた偽の歴史書について広く語っている。

ドイツ・ノルディック研究所の役割のひとつは、5大陸のすべての人が話すタルタリア語時代の唯一の言語に代わる、何千もの新語を発明することだった。

孤児はどこから来たのか?

1820年から1945年の間に、世界中で何百万人もの子供たちが強制的に誘拐され、村や田舎から親元を離れて都市に送られ、孤児院で洗脳され、新しい言語や文化を学ぶことを強要されたのである。親から子供を引き離すことは、表面的に作られた多くの戦争や危機を通して銃口を突きつけて行われ、この長い期間の間に、都市はますます人口を増やし、村は次第に寂れていったのである。

150年前のある時期、世界には、マケドニア語・タルタリア語系の言語を話し、古いタルタリア文化・伝統を受け継ぐ田舎者と、洗脳され、新しい言語・新しい文化を話す都市部の人々の2つのコミュニティーが存在していた。

村の人たちが近くの街に行くと、お互いに理解しあえないことがよくあった。田舎から都会に出てきた人たちは、新しい言葉や文化に同化し、学ばなければならない。

ヒトラーがドイツで権力を握った時、大勢の人の前で話していても、田舎の人は何を言っているのか分からなかったというのは、よく知られた事実である。

イエロー、ブラウン、ブラックの3色

それは、地球上で最も古い人種である白人の場合である。

しかし、黄色人種、褐色人種、黒色人種の姉弟となると話は別であった。

黄色人種は、約300年前に誕生した2番目の人種である。褐色人種は第3の人種で、黒色人種は第4の人種である。いずれもタルタリア・マケドニア人の遺伝子から作られたもので、肌の色に関係なく、最も基本的な部分で私たちは皆、姉妹であり兄弟なのである。

この3民族が誕生する前に、世界の支配者たちは、すでに古いマケドニアの語源を使い、上記の要素を挿入して、同じように彼らのために新しい文字と口語を考案しており、この3民族が誕生したとき、彼らは人生の最初から新しい言語を考え、大人になって人口が増えてから、アジア、アフリカ、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、太平洋全域のタルタリアの都市や建築からすでに整地した土地に再定住したようだ。ヨーロッパとアジア・ロシア大陸だけが、旧来のタルタリア土着白人種のために確保されていたのである。

この3つの人種は、いずれもタルタリアが滅んだ後に生まれたものが多く、西暦1802年の大洪水以前に生まれて定住したものは、地下都市で安全を確保し、洪水後に地表に戻ったのだという。オーストラリアのアボリジニに、なぜ彼らは顔や体を白い色で塗るのかと尋ねると、大洪水から自分たちを救ってくれた白人に敬意を表していると答えるだろう。

また、オーストラリアのアボリジニには、地上が燃え、岩が溶けるほどの熱のカタストロフィーを目撃し、地下の洞窟に隠れてなんとか生き延びたという興味深い口伝がある。それが何であったのか、誰も不思議に思わないのだろうか。それは、9.11でニューヨークのツインタワーを崩壊させた兵器と同じように、タルタリアの都市を溶かし、塵に変えた高電圧スカラー波エネルギー兵器だったのである。

この3つの人種が、タルタリア人の都市からすでに開拓された田舎に再定住したとき、そこにはまだタルタリア人の先住民である白人がいて、中には身長5、8、13mの巨人もいて、新しくできた入植者が彼らと接触すると、友好的に迎え、果物や野菜の育て方、その他多くのタルタリアの技術、スキル、知識を教えたそうである。オーストラリアでは、洞窟の壁や岩棚に多くの歴史が書き込まれている。

中国の伝統では、中国統一の最大の功労者は、マケドニア人から得た鉄の製錬、火薬、大砲の製造武装の知識によることはよく知られた事実である。中国人はそのことを潔く認め、マケドニア人の恩師に感謝している。そればかりか、中国の漢方薬やチベット、インドの精神的な仏教の伝統は、黄色人種や褐色人種が到来する何世紀も前に、すでにそこに住んでいたマケドニアのタルタリア白人種によって受け継がれたものなのである。

だから、インドの仏教僧に、彼らの寺院から発見されたサンスクリット語のパピルス形式を誰が書いたか尋ねると、「彼らがそこで見つけたものだから知らない」と言うだろう。

なぜなら、サンスクリット語はルーン文字で書かれており、ロゼッタストーンの中文と同じだからである。サンスクリットとは「手書き」という意味だが、ロゼッタストーンのような石刻は、現在私たちがコンピューターのファイルから印刷するのと同じように、レーザー印刷で行われた。

サンスクリット文字もレーザー印刷もマケドニアの古いルーン文字で書かれており、有名なアレキサンドリア図書館にはタルタリア文学のサンスクリット・パピルス形式が所蔵されていたようだ。

アメリカ大陸のマヤ人、インカ人、アステカ人、オルメカ人、トルテカ人、そして北米のあらゆる部族の知識や発明は、すべてタルタリアから受け継がれているのである。

太平洋諸国

太平洋の国々も同じで、創世以来、その土地に再定住し、今に至っている。マオリ族のジェイ・マックによると、ニュージーランドのマオリ族の口伝では、「マウイはマケドニアからエジプトを経由してニュージーランドに来た」と言われている。このようなマオリの起源に関する口伝は、ほとんどの太平洋諸国に残っている。ジェイ・マックはまた、彼らの「クイア(※老婦人)/ワイア(※母)、長老、ヒーラー(※治癒者)/シーア(※預言者)、そして演説家であるランギマリー・トゥルキ・ローズ・ペレ博士」が、マオリがエジプトから太平洋に到着したと話している、と言っているのである。

私は研究の中で、マオリ語やアボリジニ語など多くの太平洋の言語と、それらの言語の表現型が非常によくつながっており、サンスクリットはこれらの言語を文字化したようなものであることを発見した。

これはどういうことかというと、英語やフランス語の植民地化の影響を受けていないほとんどの太平洋言語は、英語、フランス語、ハンガリー語などとは異なり、単語の記号や文字がすべて特定の音を持っていて、書くように話すのである。

現在のマケドニア語は、サンスクリット語と同じように、言葉の記号や文字がすべて特定の音を持っている。現在、サンスクリット語は北インドのウッタラカンド州の公用語になっている。

サンスクリット語のルーン文字が刻まれた最古の遺物のひとつが、インドネシア・ジャワ島のソロ川のほとりで発見された。それは手のひらサイズの鮎貝の化石で、解読すると、こう読めるのだ。「イル・ゼタ・マケドニア」

下の写真参照

タミル語ドラヴィダ諸語の母であり、原始タルタリア語である可能性があるという神話が作られているが、これは誤りである。タミル語を含むすべてのドラヴィダ語は、原始ドラヴィダ語に遡るが、原始ドラヴィダ語はサンスクリット語の影響を間接的に受けただけで、サンスクリット語から直接派生したわけではない。タミル語は原始南ドラヴィダ語から発展する過程でサンスクリット化したため、一部の研究者はタミル語がサンスクリット語の原型であると考え、混乱している。ドラヴィダ語はすべて膠着性の強い言語であり、融合性の高いサンスクリット語とは異なる。

つまり、原始ドラヴィダ語は、原始マケドニア語のサンスクリット語に近い別の言語をベースに、既存の語根にさらに文法的な複合語を挿入して意味を変化させながら発展してきたということだ。その後、タミル語を含むこのドラヴィダ語群のすべての言語は、原始ドラヴィダ語を基礎として、すでに膠着していた語根にさらに多くの文法的な化合物を挿入して意味を変え、その過程で、世界で最も膠着性の高い言語群を作り上げたのである。

ハンガリー・マジャール語もそうであった。ハンガリー・マジャール語がこのドラヴィダ語群に属するからではなく、ドラヴィダ語群と同じように、原始マケドニアのサンスクリット語の影響を間接的に受け、主に膠着化の過程で発展したため、今日ハンガリーで古マジャール語と呼ばれる言語を理解できる人がいないのである。ドラヴィダ語もマジャール語もインド・ヨーロッパ語族に属さないのは、このためである。ハンガリー語は世界でも有数の膠着語であり、1語に100文字以上含まれる単語で、英語に相当する訳語がないものがある。

今日、研究者たちは、いわゆる古いハンガリー語が、シリパヌ語やパラグアイのグアラニー語のような北アマゾン熱帯雨林の言語と類似していることを発見しているが、彼らが古いハンガリー語だと言っているものが、実は間接的に原始マケドニア語の影響を受けているということは全く分かっていない。

約150年前にマケドニア語の語彙と文字の上にブルガリア語が出現し、最もロマンティックなタルタリア=マケドニア史を作り上げた。ドイツ・北欧研究所が行ったことは、マケドニア語をブルガリア語に改名し、北米の英語、中南米のスペイン語、ブラジルのポルトガル語のように、マケドニア語をそのまま使って表面的なブルガリアの国語を作り上げたということである。

これらの言語はいずれも200-300年程度の歴史しかなく、表面的には原始マケドニア語の語源に上記のような要素を多数加えて本来の意味を変えて考案されたものであるが、語源の大部分は同じであり、世界のすべての言語は原始マケドニア語からの派生物であるため、研究者はこれらの言語間に類似性を見出すが、これらの類似性がどこから来るのか、その真の根底には何があるのかを正しく検証できたものは皆無であった。

アフリカ

アフリカ西部のマリ共和国では、ドゴンの口承と儀式の象徴は原始言語と文化のすべての痕跡を残しています。以下はタルタリア時代の言葉です。バラ:尋ねる、ノギ・ドルギ:長い足、ポ・テロ:ボディの後、セガ・テロ:この体、イブジャ:ここに彼女がいる、などです。

ケープタウンの東300km、インド洋から50m、標高35mに位置する南アフリカの遺跡ブロムボス洞窟で、ある石器に刻まれた寸法は次の通りである。縦8cm、横2.5cmの石器に、サンスクリット語のルーン文字が刻まれている。「ゼータ・マケドニア」

下の写真参照

そして最後になるが、「CITY」の語源的な意味は「EVERYONE」であり、「OF」の意味は「IN」である。

つまり、例えば「CITY OF LONDON」という表記は、「ロンドンのみんな」という意味なのである。パリに住む人、モスクワに住む人、サンフランシスコに住む人、などなど、世界のあらゆる都市で同じことが言える。

空っぽの都市に孤児や村の人々を再定住させる際、ドイツ・ノルディック研究所の創設エリートたちはこのフレーズを使っており、それは今日まで残っているが、キャンペーンの意味は違っている。

カイザー・カール福祉事業:オーストリアの子供たちがハンガリーで無料レクリエーション休暇を過ごす。ウィーンの東駅に帰国したウィーン人の子供たちが到着。

上の白黒写真右部の翻訳

補足や考察

デービッド・ユーイング・ジュニア氏の名前が出て来ましたね。

私がマッドフラッド・タルタリアの情報を知ってから、彼の資料に出会い、歴史の年代詐称に気が付くことが出来ました。

いつか深掘りしたいですね。

新しい言語が強制されたのは大人ではなく、2歳にも満たない小さな子供たちが家族から強制的に連れ出され、すでに用意されていた保育施設に入れられ、そこで子供たちは新しい言語を強制的に習得させられたのである。

この部分はベビーインキュベーターの普及の内容に通じてるかもしれません。

黄色人種は、約300年前に誕生した2番目の人種である。

この説だと、黄色人種である日本人は、約300年前に誕生したと言うことになりますね。

孤児は電車で運ばれていたなんて話もあったようですね。

大火も意図的に放たれた印象がありますが、このような情報も頂きました。

言語が全てルーン文字のマケドニア語に起因するという説は、正しいか分かりませんが、孤児が洗脳教育を受けたという話は、正しいのでは無いかと思ってしまいます。

寝起きの考察さんの
『日本語はたった100年前に作られた人工的な言語だった!』の動画の内容とリンクする気もします。

日本語はたった100年前に作られた人工的な言語だった! / 寝起きの考察 NK Channel

誰かが新しいルールを作り、我々は従わされて、それが当たり前になってしまったのが今の時代なのかもしれませんね。


以上、一般的な歴史認識と異なる内容となりますので、ご注意下さい。

記載されてる内容について、全て検証出来ている訳ではありませんが、ご容赦頂ければと思います。


後編はこちら。

ドームのトーラス球は、地球上のすべての生命に反映され、マクロとミクロの宇宙を創造する
前回に引き続き、Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の続きになります。なお、原文を自動翻訳して少し修正を加えていますが、原文を確認される場合は下記リ...

前編はこちら。


このシリーズのリンクを以下にまとめました。

【まとめ】古代 や タルタリア や アヌンナキ の仮説・考察集( Facebook 『 TARTARIA 』グループより) #Gorgi Shepentulevski
Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の翻訳記事を、本ページにまとめたいと思います。すべての始まりは7529年前?ピラミッ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました