河川は世界最大の人工灌漑システム

歴史と科学

前回に引き続き、Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の続きになります。

灌漑とは、農地に外部から人工的に水を供給することを指します。

なお、原文を自動翻訳して少し修正を加えていますが、原文を確認される場合は下記リンクをご確認ください。

Facebookにログイン | Facebook
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

第9部

河川は世界最大の人工灌漑システム

2021年4月25日発行

大小さまざまな河川は、乾燥した季節でも枯渇することのない未知の地下水脈から湧き出している。

さらに不思議なのは、岩の隙間から湧き出る川で、岩の上に集水面がないため、岩から滝のように流れ落ちる水量に見合うだけの水量がない。

岩の隙間から湧き出る不思議な滝は、アメリカ・ワシントン州のパルース滝や、ペルーのワヤガ川を満たすワヤガ滝などがある。

アメリカのパルース滝 – 写真1

アメリカ・ワシントン州にあるパルース滝は、ロッキー山脈の地層の一部である岩から湧き出ている滝である。

パルース川は狭い渓谷を流れ、200フィートの高さから渓谷に落ちる。

そこから流れは速く、柱状の玄武岩の曲がりくねった峡谷を通り、強大なスネークリバーで南端に達する。

ペルーのワヤガ滝 – 写真2

ペルーのワヤガ川を満たすワヤガ滝は標高3500〜4100mに位置し、乾季、雨季に関係なく水量が絶えないことから、水源は不思議なことに地中深くにあることがわかる。

イラン・カナート灌漑システム – 写真3、4

イランにもタルタル時代の不思議な灌漑設備があり、地下から直立したフルグラート水路を通って湧き出る未知の地下水脈から水を集めている。

この灌漑システムは「カナート」と呼ばれ、イランのホナバッド市にあり、当時の最も偉大な発明のひとつと考えられていたものである。

この配管システムは、未知の地下水源から水を集め、都市や灌漑用水路に水を運ぶことができる。

水工システムには、地下水源から水を受け取る主井戸、水をある場所まで運ぶトンネルシステム、経路上にある換気用の垂直井戸(水分の凝縮も可能)などがある。

これら全てに、地下水供給は貴重な水分の蒸発を著しく減少させる。

ゴナバード・カナートの長さは33,113メートルで、427の深層水を含んでいる。

建物は物理学、地質学、水力学の法則の知識を使って建てられており、タルタリアの高度な発展を裏付けるものでしかない。

2007年以降、ゴナバード・カナートはユネスコの世界遺産に登録されている。

ペルー・プキオスの高度な流体システム – 写真 5 & 6

プキオスは、アヌンナキが作った地下水道、地表の水路、貯水池、螺旋状の穴からなる大規模なシステムで、世界で最も乾燥した場所の1つに水を供給している。

ナスカの砂漠や谷では何年も干ばつが続くが、ナスカ文明がこの地で栄えたのは、タルタリア人の水力工学の名残であり、それはナスカ・ラインの作成よりも大きな成果であったといえるだろう。

ペルーの水力発電システムは、プキオスと呼ばれ、地表から地下の水につながる地下水路、小さな貯水池、螺旋状の穴が組み合わされている。

農耕地はもちろん、飲料水を供給するために人口密集地にも水を運ぶために利用されました。

タルタリア人は地下の水源に接続するためにプキオスを建設した。水源は必要な場所から何マイルも離れた場所にあることが多い。

水源は必要な場所から何マイルも離れた場所にあることが多く、水は地下と地上の両方に送られ、システムの一部には複数の分岐がありました。

開削溝は地下水路よりも短い傾向にあり、水の流れを緩やかにするために、コースに沿って緩

やかなS字のカーブを描いているものもある。地下水路は掘削された後、蓋をされ、場合によってはトンネルで延長された。

地下水路と地上水路の側面には、一般的に川石が敷き詰められていた。

地下水路の途中には、「オホス(目)」と呼ばれる渦巻き状の不思議な井戸のような構造物が多くある。

地表では、このオホスは幅が50フィートもあり、その側面が内側にねじれながら下の水路に下りており、井戸の底は幅3~6フィートほどである。

現在、ナスカ地方の3つの谷には36のプキオが残っており、機能している。

最も有名なのは、ナスカ市から数マイル離れたところにあるカンタロック水道で、地表の水路、地下の水道、オホスを見ることができます。

では、世界中の川を満たしている謎の水源はどこにあるのだろうか?

その謎の源は、アヌンナキの科学者たちが住む地下世界である。

アンダーワールドは、地球上の生命を制御する高度なネットワークシステムである。

これが、私たちが「アンダーワールド」という言葉を耳にする理由である。

アスガルド、ミッドガルド、アンダーワールド(またはヘル)。

トーラス・シールド・ドーム/天蓋が地上に広がるのと同様に、地中にも広がっている。

大洋を水で満たす大河オセアヌスは、地下世界から湧き出し、リサイクルされて再び大洋に送り込まれる。

地下世界には巨大な脱塩プラントがあり、汚染され、汚れ、塩分を含んだ海水を処理し、地下の人工灌漑システムを通じて、処理された飲用可能な川の水をフルグレート・チャンネル・リバー(放電する川の意と思われる。後述参照。)で地上にくみ上げ、世界のすべての川の泉を満たしているのである。

これは世界最大の灌漑システムで、地上の5つの大陸で行われた人類プロジェクトの一環として、地下世界のアヌンナキの科学者によって建設・運営されています。

このプロジェクトの責任者は、「甘い水の主」と呼ばれるエンキ神である。

つまりエンキは、海の塩水を地下の海水淡水化プラントで処理し、地球の空洞を貫くフルグレート・チャンネルのネットワークを通じて地表に湧き出させ、世界のすべての川を満たす灌漑システムを担当する科学者の長なのである。

この人工灌漑網のシステムはどのように作られたのだろうか?

この地下と地表を結ぶ人工的な配管灌漑ネットワークシステムは、地殻を貫通する強力な電磁エネルギー波によって作られ、フルグレート・チャネリング開口ネットワークシステムを通じて、浄化された水がポンプアップされて、川の泉の口にある平らな地球の表面に流れ込んでいるのである。

地下の電磁波浄化装置で浄化された水は、電解質を多く含んだ清らかな水として地表に送り出され、生体に最も適した飲料水として、また植物や農作物の灌漑用水として利用される。

世界の都市の水道が各家庭や企業に新鮮な飲み水を供給しているのと同じように、平らな地球の淡水の水道も、地下から地表まで水路を通してすべての川の湧水口と新鮮な飲み水をつないでいるのである。

この水路は、強力な電磁エネルギー波によって地殻を貫通し、地殻を貫通する過程でフルグラ(放電)を生成し、土壌を溶かす。

アメリカのヤコブの井戸の両フルグラート(放電)口には、電磁波の痕跡が見られる。

フルグラテッド(放電された)口は、内側から上方に向かって壁の周りに波動の痕跡を示すだけでなく、口の形はインプロージョン神聖幾何学「ファイ」干渉パターンが形成される。

電磁エネルギー波が地殻を貫く過程で、振動が幾何学的なパターンを形成するということだ。

Palouse falls (パルース滝) USA
Huallaga fall(ワヤガ滝) in Peru
Kyariz irrigation system (キャーリズ灌漑システム) in Iran
Kyariz irrigation system(キャーリズ灌漑システム) in Iran
Puquios sophisticated hydraulic system (プキオス流体システム) in Peru
Puquios sophisticated hydraulic system(プキオス流体システム) in Peru

fulgurateの類義語の翻訳が少しあいまいですが、「電光のようなひらめき」とか「高周波治療」等の意のようです。

ゴナバード・カナートは世界遺産に登録されているようです。

ゴナーバード・カナート - Wikipedia
カナート - Wikipedia

具体的な現象の理解が追いついていませんが、Shuさんの下記ツイートの内容に通じるものがあるかもしれませんね。


【おまけ】

Shuさんの滝世界10選も興味深いです。

周波数と水の関係性については、ゴムホースを使った場合に水路が螺旋形状になる事にも繋がるものがあるかもしれません。

水に周波数を与えた時の形状は下記の動画の方がイメージしやすいかもしれません。


以上、一般的な歴史認識と異なる内容となりますので、ご注意下さい。

記載されてる内容について、全て検証出来ている訳ではありませんが、ご容赦頂ければと思います。


後編はこちら。

前編はこちら。


このシリーズのリンクを以下にまとめました。

【まとめ】古代 や タルタリア や アヌンナキ の仮説・考察集( Facebook 『 TARTARIA 』グループより) #Gorgi Shepentulevski
Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の翻訳記事を、本ページにまとめたいと思います。すべての始まりは7529年前?ピラミッ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました