1〜14部のこれまでの主な内容の簡単なまとめ #TARTARIA #Gorgi Shepentulevski

歴史と科学

前回に引き続き、Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の続きになります。

なお、原文を自動翻訳して少し修正を加えていますが、原文を確認される場合は下記リンクをご確認ください。

Facebookにログイン | Facebook
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

要約すると、

過去の投稿を簡単にまとめたもの
・地球は約140億歳
・神とはアヌンナキのことである
・千万を超える知的エイリアンが住んでいる
・知的エイリアン達の間ではルーン文字が使われる
・アヌンナキの存在はロゼッタストーンに示されている
・グレイは炭素ベースの生命体で奴隷だった
・ピラミッドは原子力発電所だった
・火山は採掘とシリコン洗浄の残骸
・地下も大量に掘った
・天蓋は魂の収穫施設
・ポールシフトはトーラスの電磁場が上下に切り替わる事を指す
・アヌンナキが到着する前、地球上には水と炭素は存在しなかった
・歴史は嘘で、1712年は存在しない年である
・古代ギリシャ、古代ローマ、古代エジプトは存在しなかった
・2021年前に人類創造が始まった

第15部

1〜14部のこれまでの主な内容の簡単なまとめ

発行:2021年7月8日

ここで、炭素生命体である人類が誕生し、この地球上に人類が誕生する前の事実を整理しておく。

地球とは何なのか、何歳なのか?

地球は、巨大なシリコン(ケイ素)ベースの平らな生命体の一部であり、巨大な比率でシリコンベースの土着の人間、動物、植物が住んでいる、小さなミクロの平面である。

この生命体の年齢は約140億歳であり、地球はその非常に小さな微小な一部である。

「神」と呼ばれる知性的な文明が、いくつここに住んでいるのか?

この巨大なシリコンベースの生命体には、先住民のシリコンベースの住人とは別に、大空の下の平らな地球の境界を越えて無限に広がるこの生命体の空間に侵入した、様々な元素構成の10,000,000人の知的エイリアン達が住んでいるのだ。

これらの知的エイリアン達は神々として知られている。

アヌンナキは自分たちのために魂を収穫するためにここに来た。

アヌンナキは、このシリコンベースの生命体に住む10,000,000人の知的なエイリアン達の侵入者の一人である。

アヌンナキがちょうど7528年前にこの平らな地球の小さな部分に到着したとき、彼らは全部で300人の家族関連メンバーだった。

彼らの使命は、自分たちが「魂」を持たないので、「魂」を収穫することであった。

魂を採取するためには、魂を採取する施設の囲いを作る必要があり、そのためには、巨人のような人型生物が住んでいる巨人のような動植物から土地を切り開く必要があった。

10,000,000人の知的なエイリアン達のコミュニケーションの形

ちょうど、地球上の人間がサイバースペースを使って、インターネットを通じてデータを保存し、修正し、交換しているように、神々の知的文明は、サイバースペースとしてモルフィックフィールド(※特有の情報が保存されている場)を使い、普遍的な通信ネットワークを通じてデータを保存、修正、交換し、知的財産に関するすべての知識を保存し、著作権保護のために保管しているのである。

この宇宙には、誰もが理解し、話すことのできる唯一の共通言語があり、この共通言語の文字がルーン文字で書かれており、両者は神々の言語と文字として知られている。

アヌンナキとは何者か?

アヌンナキとは何者なのか、その最も正確な説明は、ロゼッタストーンの中文に書かれている。

ロゼッタストーンのルーン文字で書かれた中文が二人のマケドニアの学者によって解読されて以来、カノープス(※アレクサンドリアの北東 27kmにあった古代エジプトの貿易都市)の他の多くのルーン文字と並んで、アヌンナキの正体が正確にわかるようになったのである。

これはまた、マケドニア(※ギリシャ神話)の神々のパンテオンを構成していた。

ロゼッタストーンの最初の言語は象形文字で書かれており、クローン人間の特殊なニーズに応えるために考案された。

2つ目の言語はルーン文字で書かれた旧マケドニア語で、マケドニア-タルタリア帝国の支配者たちの勅令である。

第3の言語は、100%旧マケドニア語の語彙を使って、高齢のクローンのために考案された新マケドニア語コイネである。その後、新マケドニア語コイネはギリシャ人によって採用され、現在の表音文字に変化している。

3つの文字はすべて、帝国の唯一の言語であったマケドニア語を使用している。

中間の旧マケドニア語テキストは、アヌンナキが誰であるか、また彼らの名前が「ライン&ストローク」(※直線と曲線で構成されるの意と思われる)のルーン文字で書かれているため、最も重要であるが、ここでは理解のためにその音声転写版を使って説明することにする。

ゴッド・アヌ – BoGo(ボーゴ)

アヌ神はロゼッタストーンでは「BoGo」と表記され、アレキサンダー大王のタルタリア時代のマケドニア人が呼んだように、至高の天上神、唯一の者、誰よりも強大な者という意味である。

「BoGo」は「人間の魂の創造主」という意味である。キリスト教では、「BoGo」は父であり、創造する父である。BoGoを英語に訳すと、こうなる。「魂の創造者の最高指導者、至高の天主」という意味である。

まず、BoGo(アヌ)は、炭素生命体の創造に最も重要な要素として、BoVoo(水の意)を創造した。その後、BoGoは炭素の元素を創造した。

そして、天界の最高神アヌ-「BoGo」は、女神「BoMoo(ボーモー)」、つまり「地上の大いなる母」を創造した。「BoMoo」は、実は、来るべき人類創造のための前駆体としての物理的な形の遺伝物質である。後に、BoMooは三位一体を産む。人間の魂、聖霊、そしてマケドニア創造の肉体である。創造主であるBoGo(アヌ)は、人類創造という一つの肉体形態に三位一体を接着させることができた。

グレイ

アヌンナキは “天蓋 “と呼ばれる魂の収穫施設の建設に着手し、彼らのために困難で危険な仕事をする炭素ベースの奴隷種族を作り出した。この種族は今日 “グレイ “として知られている。

ちょうど7529年前に開墾が始まった。

タルタリアとマケドニアの旧暦によると、ちょうど7529年前に建設が始まった。最終的に、数千年後の5508年後、仕事は完了した。

直径400,000kmの土地からすべての巨大なシリコンの木を取り除き、彼らのシリコン都市を建設し、電磁トーラス要塞を起動し、何も逃げることができない、プラズマスターゲートポータルを通じてアヌンナキ自身を除いて外部から誰も入ってこられないように直径40万kmの領域を覆って封印したのである。

人間は後から来たもので、ちょうど2021年前に大空(天蓋)の建設が終わったときに生まれたのである。

ピラミッドは原子力発電所だった

このプロジェクトのエネルギーを供給するために原子力発電所が建設され、グレイはその労働者であった。これらの原子力発電所は、今日ではピラミッドとして知られている。

ピラミッドは、シリコン精製に必要な化学薬品を製造するための原子力発電所として建設された。化学工場はピラミッドの真下、長く閉ざされた通路にあり、そこで製造された化学薬品の最終製品は飛行船に積まれ、シリコン精製工場に運ばれた。

準備が整ったところで、高さ120kmにも及ぶ巨大なシリコンの木を徐々に切り倒し、純粋なシリコンを取り出すために加工し、地表を15kmの深さまで掘り下げていった。最深部はマリアナ海溝と呼ばれる10,994mで、太平洋の海底にある最大のシリコン採掘場「リング・オブ・ファイア(環太平洋火山帯)」に位置する。地球上の火山の75%は太平洋の「環太平洋火山帯」にあり、採掘の70〜80%はこの海底で行われた。

これらは、シリコンの精製に必要な薬品の一部である。

炭素、塩酸、フッ化水素、硫酸、水など。

シリコンが水の中に入ると、徐々に溶けて分解されるからだ。つまり、大空の外にあるケイ素ベースの生息地では、水はなく、大気中に酸素の粒子が浮遊しているだけなのである。

二酸化ケイ素から純粋なケイ素を取り出すには、これらの化学物質とは別に、たくさんの水が必要だったのである。現在、海洋に存在する塩化ナトリウムをはじめとする多くの化学物質は、シリコンの精製過程で発生する副産物である。

建設が終わると、グレイは被曝により過剰に酔い、生殖能力を失い、絶滅の運命にあった。

火山とは何か?

地球の採掘とシリコンの浄化の過程で、多くの有毒な副産物が残され、その大部分は現在火山として知られている山の高さに埋められたが、他の多くの少量の有毒廃棄物は地表に転がっていた。

それを浄化するために、アヌンナキは史上最大の津波で地表を浸水させ、有毒廃棄物の残骸で最も高い山さえも水で洗い出した。今日、化学反応が臨界点に達したとき、火山が噴火する。

アスガルド、ミッドガルド、アンダーグラウンドとは何か?

電磁波を遮蔽するトーラス(天蓋)は、地表で直径400,000km、地下で400,000kmのエリアをカバーしている。アヌンナキが設計したこのプロジェクトをグレイが5508年かけて完成させたのは、地上の整地だけでなく、アンダーワールドと呼ばれるプロジェクトの責任者である科学者たちが住む地下も大量に掘ったからである。アンダーワールドは、地球上の生命を制御する高度な技術的ネットワークシステムで、世界のすべての大河が湧き出る人工配管システムネットワークなど、世界最大の人工灌漑システムを持つ本物である。

アスガルドミッドガルドアンダーワールド(またはヘル)などと呼ばれるのはそのためである。大空をシールドするトーラスが地上に広がるのと同様に、地殻が優れた伝導体であるため、地中にも広がっている。

アスガルドは最高神アヌが側近や召使とともに住む水晶の都、ミッドガルドは私たちのいる場所、アンダーワールドは人類創造プロジェクトを担当するアヌンナキ一族の科学者たちの住まいである。

トーラス・シールド・ファーマメント(天蓋)

大空に浮かぶ平らな地球の中心には、直径約200kmの大きな開口部があり、その地下深くにはプラズマシールドマシン「トーラス」が設置されている。北極のオーロラは、トーラスの電磁シールド装置から放出される荷電スカラー波粒子と大気圏上層部の原子との相互作用によって引き起こされる。大洋を水で満たす巨大な川「オセアヌス」も地下世界から湧き出している。コンパスの針が北を向いているのは、トーラスの両面渦流漏斗状の双極磁化軸があり、その位置で最も強い電磁エネルギーが放出され、トーラスの電磁ドームのプラズマ球を作り、地球の上と下の地形を囲み、遮蔽しているからである。

ポールシフトの原因とは?

ポールシフトは、トーラスの電磁場の軸が、上向きから下向きへと変化する現象である。これはおよそ10-12年ごとに発生する。北極は平らな地球の表面の上にあり、南極は地下世界の地面の下にある。極が移動すると、北極は地面の下へ、南極は地面の上へ移動する。

つまり、地理的な北極と磁気の南極は、どちらも平らな地球の中心にあり、そこには冥界への入り口から湧き出るオセアヌス川があるのです。いわゆる南極が南極大陸にあるというのは、南極があるわけでもなく、南極大陸があるわけでもないので、捏造である。

北の極点開きの中心を中心に、4つの大きな大陸があり、4つの川の流れであるオセアヌスによって分けられていて、そのうち2つは海に向かって流れ出し、残りの2つはリサイクルのために冥界に戻るようになっている。

私たちが知っている5つの大陸とは別に、大空にさらに33の大陸が存在するのである。

私たちの世界を取り囲む氷壁の反対側には、少なくとも33以上の大陸があり、私たちの世界が占める直径40,000kmの小さな部分と比べると、大空が覆う直径40万kmのうち、どれだけの土地があるのか想像できるだろう。

5つの大陸からなるこの世界は、アヌンナキの科学スタッフが私たちを監視するために遠くへ行く必要がないこと、オセアヌス川の循環距離が短いこと、地下から湧き出る最大の川による人工地球の灌漑システムなどの理由で、意図的に地下世界に近い場所に配置されているのである。

アヌンナキが到着する前、地球上には水と炭素は存在しなかった

アヌンナキがここに到着したとき、大気中や地上には水も炭素もなかった。この二つの元素はケイ素の生命体を溶解し退化させるからである。ケイ素の採掘と浄化のため、また来るべき人類の創造のために、彼らの科学者たちはこの二つの元素を人工的に作り出した。

アヌンナキは、炭素系生命体の基本要素を創造し、科学的知識と創造のノウハウを持ち、人間の遺伝子構成の知的財産の構成要素を使用して、人間がどのように見え、考え、行動すべきかのすべての特徴を持つ、品質と内容の公式を起草した。

知性、視覚能力、聴覚能力、言語認知能力、意識認識能力、魂への愛着など、人間を動物と異にするあらゆるものが、その生命体に独占的にパッケージされたのである。

人間が動物と異なる第一の点は、人間には魂があり(クローンを除く)、動物には魂がないことである。

そのすべてがプログラムにパッケージされ、ルーン文字で書かれた、来るべき人類創造のための記述的名称のコード化された公式で参照され、アストラル領域のモルフィックフィールドにアップロードされた。

歴史はすべて捏造である!

ドイツ・ノルディック研究所は、アレキサンダー大王の誕生から1712年という存在しない年月を加え、歴史全体を改ざんした。

教育現場に存在する歴史書は、すべて西暦19世紀にドイツ・ノルディック研究所で書かれたものなので、現在存在するオリジナルの文書、写本、書籍は一つもなく、すべての歴史書はわずか200年前にドイツ・ノルディック研究所で書かれたものなのだ。

彼らは、アレキサンダー大王の誕生日である西暦1356年7月21日から始まる年表に、1712年の非現存年数を追加しましたが、今日の2021年からわずか665年前のことだった。

ドイツ・ノルディック研究所は、300年前に今日の支配者である寄生虫によって資金提供され設立された。

その唯一の目的は、私たちが学校で学ぶすべての歴史と他の科目を改ざんすることだった。2012年、役目を終えた研究所は閉鎖された。

このように、タイムラインの歴史年表は、存在しない1712年を追加して捏造された。

1. 歴史の真のタイムライン年表は、アレキサンダーが西暦1356年7月21日に生まれたときから始まっている。

2. まず、この真の時系列の歴史年表に297の存在しない年が追加され、西暦1059年にまで遡ることになった。

3. 次に、真の時系列の歴史の年表に、さらに263年の存在しない年が追加され、西暦796年にまでさかのぼってしまったのです。

4. 第三に、1152年という存在しない年月が真の時系列の歴史年表に追加され、公式の歴史書にあるアレキサンダーの誕生年の捏造である紀元前356年まで押し戻された。

その存在しない1712年を歴史で埋めるために、どれだけの創造的なフィクションを書き、ウソを空想し、発明しなければならなかったか、想像してみてください!!!

これほど多くの嘘、虚偽、捏造、欺瞞、架空の神話、想像上の伝説などが、ドイツ・北欧研究所の詐欺師たちによって発明されなければならなかったのですから、完成するまでに300年の期間を要したとしても不思議ではありません。

彼らは歴史と年表をめちゃくちゃにし、今日でも宗教関係者が首ったけで意見が対立している。

古代ギリシャ、古代ローマ、古代エジプトは存在しなかった

古代ギリシャ、古代ローマ、古代エジプトについて私たちが知っていることはすべて、たった200年前にユダヤ人が出資したドイツのドイツ・ノルディック研究所で、お金をもらったフィクション作家が捏造話として書いたものである。

彼らがやったことは、タルタリア-マケドニアの実際の歴史から名前や出来事を取り上げ、存在しない架空の物語をたくさん捏造して、出来事や名前の偽の物語を作り、新世界秩序の教育システムが大衆を教えるために使っている何百万冊もの偽の歴史書に掲載したのである。

ここでは、過去700年間に起こった主な出来事を年表にしてみた。

1. 約750年前、アトランティスは高さ600mの大津波によって破壊された。

2. 700年前、新タイムラインは、タルタリア〜マケドニアのタイムラインを開始した。

3. タルタニア・マケドニア世界帝国を築いたは、ピリッポス2世はヘラクリオン・リンケスティスの白い街で西暦1318年に生まれた。

4. 1365年、アレキサンダー大王はヘラクリオン・リンケスティスで生まれた。

5. 1600年、アレキサンダーは万里の長城の建設を完了した。

6. 1706年、ジブラルタル海峡の障壁が崩壊し、大西洋が地中海、アドリア海、イオニア海、エーゲ海、黒海に氾濫し、タルタル世界帝国に最初の打撃がもたらされたが、それまで多くの人が住んでいた。洪水前のこの地域には、わずかな甘露湖しかなく、タルタリア・マケドニア帝国の拠点であった。その名残が、クレオパトラの宮殿や地中海下のカノープスのヘラクリオンである。イタリアのバイアの沈没都市など、これらの地域の至る所にある。洪水以前は数十億人が住んでいた。

7. 1712年、イエス・キリストはマケドニアのヘラクリオン・リンケスティス(現在のビトラ)で生まれ、オフリド湖で洗礼を受けた。

8. タルタリア世界帝国はジブラルタル関門が破られるという大災害に見舞われ、この大災害の結果、タルタリア・マケドニア世界帝国は3つの王国に分裂してしまったのである。

この出来事から間もなく、タルタリア・マケドニア3王国は互いに戦争をするようになった。この戦争は、歴史の教科書では「トロイ戦争」と呼ばれている。トロイ戦争は、2021年前に人類の創造が始まった時代の初めに、神IL(SE、エンリル)が築いた白い都市イリオンを征服するために行われ、そこはピリッポス2世、アレキサンダー、イエスが生まれた拠点都市であった。イリオンの都市はアトランティスの大洪水で被害を受け、大洪水の後、ピリッポス2世が自らの首都として再建したものである。トロイ戦争はギリシャ人とは関係なく、ほとんどが身長1.6mの未熟で子供じみた人であった。トロイ戦争は、レーザー誘導プラズマ兵器と空飛ぶ戦闘機を持つ身長5mのマケドニアの巨人たちによって戦われた。

トロイ戦争が終わると、ヨーロッパ大陸にマケドニア帝国が成立し、やがてキリスト教帝国となった。このマケドニア帝国は、ドイツ・ノルディック機構によってビザンツ帝国と改称された。

9. 1802年10月14日午後2時、600mの津波による大洪水が発生し、マケドニア・キリスト教王国は壊滅的な打撃を受けた。

10. 1852年 コンスタンチノープルが陥落し、オスマン帝国が誕生しました。19世紀後半、キリスト教国であるマケドニア王国を倒すことだけを目的にオスマン帝国を創設し、資金を提供したクローン寄生虫が行動を開始した時期である。オスマン帝国のパシャはすべてドイツ人であり、イギリス人はトルコ人を装っていた。それから70年、オスマン帝国はマケドニアのキリスト教王国を解体していったが、完全な支配を確立することはなかった。

11. 1914年~18年 第一次世界大戦

12. 1922年、オスマン帝国は解体された。

13. 1939年~45年 第二次世界大戦

ちょうど2021年前、人類創造が始まった

今からちょうど2021年前、人類の創造が始まりまった。紀元前と紀元後という言葉を目にしたとき、それは天地創造の前と後の年を表示し数えるために使われている。つまり、人類と炭素の生命体全体は、何百万年、何十万年という年月ではなく、たった2021年という年月なのです。AD」という言葉はラテン語の「Anno Domini」に由来しており、関係者は「Anno Domini」は「主の年に」という意味で、イエス・キリストの誕生を指していると推測している。本当の主はANUとして知られているアヌナキの最高神であるから、それは全く真実ではない。つまり、西暦が「主の年に」という意味であるという仮定は、全く間違っているのだ。

もうひとつは、イエスが2021年前に生まれたのではなく、今日の2021年から309年前に生まれたに過ぎないという点である。タルタリア崩壊後に歴史が改ざんされたとき、存在しない1712年が歴史に追加されたのである。

3つ目は、「Anno Domini」の文字が「アヌのドーム」を意味することである。ラテン語の「アンノ」は「アヌス」から派生した言葉で、アヌンナキの最高神「アヌ」から派生した言葉である。そして、「Domini」という単語は、「Dome」、つまり「Firmament」の別の単語から派生したものである。つまり、AD(Anno Domini)とは、「アヌのドーム(Firmament)が作動し、創造が始まった年から」という意味である。

つまり、BCは天地創造の前、ADはアヌのドームが起動した年を意味し、ドーム – 天蓋が電磁トーラスシールドであることを念頭に置いている。この種のシールドは数時間で作動し、アヌンナキがここに来る前にすでにその技術を持っていた。電磁プラズマシールドは、放射線を偏向させるだけでなく、外からのあらゆる敵の攻撃も跳ね返す。天蓋は電磁波シールドで作られている。


エイリアンは、一般的に宇宙人を指しますが、『異国人』とも訳せます。

フラットアースの考え方では、宇宙は存在しないという説もよく見るので、宇宙人と訳すと誤解が出ると思い、エイリアンの表記のままとしました。

現在の人類とは異なる存在と仮定して、考えると面白いのではないでしょうか。

アヌンナキは、既に滅んだ存在か、天蓋の外にいるのか、霊体(?)となっているのか、分かりませんが、人智を超える存在だったのかもしれませんね。

ドイツ・ノルディック研究所について検索していますが、該当するものが探せておりません。どなたか分かった方がおられましたら、コメントいただけると嬉しいです。

年代詐称についても深掘りしたいですが、また別の機会に紹介出来ればと思います。


以上、一般的な歴史認識と異なる内容となりますので、ご注意下さい。

記載されてる内容について、全て検証出来ている訳ではありませんが、ご容赦頂ければと思います。


後編はこちら。

前編はこちら。


このシリーズのリンクを以下にまとめました。

【まとめ】古代 や タルタリア や アヌンナキ の仮説・考察集( Facebook 『 TARTARIA 』グループより) #Gorgi Shepentulevski
Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の翻訳記事を、本ページにまとめたいと思います。すべての始まりは7529年前?ピラミッ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました