人類はルーン文字で創造物をコード化した

歴史と科学

前回に引き続き、Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の続きになります。

後半に簡単な補足と考察を入れたりしていますので、良ければご覧下さい。

なお、原文を自動翻訳して少し修正を加えていますが、原文を確認される場合は下記リンクをご確認ください。

Facebookにログイン
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

第8部

人類はルーン文字で創造物をコード化した

発行:2021年4月19日

アヌンナキは7529年前、自分たちのためにソウルを収穫するために、巨大なフラットアース面のこの小さな部分に到着した。フラットアース領域全体は、巨人級のシリコン系生命体でできている。アヌンナキは、珪素系巨人の男女や、高さ120kmにも及ぶ珪素系巨木を住処とした。巨人との戦争に勝利した後、彼らは都市を建設するために巨木を伐採し、珪素の浄化のために土地を管理する奴隷としてグレイズを作った。

数千年後、正確には5508年後、直径400,000kmの土地から巨大なシリコンツリーを取り除き、彼らのシリコン都市を建設し、電磁気トーラス・ファーマメント(天蓋)を作動させて直径400,000kmの領域を覆い封鎖し、プラズマ・ポータルを通してアヌンナキ自身を除いて、誰も逃げられないようにして、仕事は終わったのだ。

地球の採掘とケイ素の浄化の過程で、多くの有毒な副産物が残され、その大部分は現在火山として知られている山の高さに埋められたが、他の多くの少量の有毒廃棄物は地表に転がっていた。それを浄化するために、アヌンナキは史上最大の津波で地表を浸水させ、有毒廃棄物の残骸で最も高い山さえ水で洗い上げた。

グレイの努力のおかげで、アヌンナキは炭素系生命体の創造に着手し、初めて人類を創造する準備が整ったのです。しかし、グレイは作業中に被爆し、汚染されたため、生殖能力を失い、絶滅の運命にあった。

今からちょうど2021年前、人類の創造が始まりました。紀元前と紀元後という言葉を目にしたとき、それは天地創造の前と後の年を表示し、数えるために使われます。つまり、人類と炭素生命体全体は、何百万年、何十万年という年齢ではなく、たった2021年という年齢なのです。AD」という言葉はラテン語の「Anno Domini」に由来し、関係者は「Anno Domini」は「主の年に」という意味で、おそらくイエス・キリストの誕生を指すと主張している。本当の主はアヌンナキの最高神で、ANUとして知られているからだ。つまり、西暦が「主の年」という意味であるという仮定は全く間違っているのだ。

もう一つの側面は、イエスが2021年前に生まれたのではなく、309年前にしか生まれていないことです。タルタリア崩壊後に歴史が改竄されたとき、1712年の存在しない年月が追加されたのです。

3つ目は、「Anno Domini」の文字が「アヌのドーム」を意味することである。ラテン語の「アンノ」は「アヌス」から派生した言葉で、アヌンナキの最高神「アヌ」から派生した言葉である。そして、「Domini」という単語は、「Dome」、つまり「Firmament」の別の単語から派生したものである。つまり、AD(Anno Domini)とは、「アヌのドーム(Firmament)が作動し、創造が始まった年から」という意味である。

つまり、BCは天地創造の前、ADはアヌのドームが起動した年を意味し、ドーム – Firmamentが電磁トーラスシールドであることを念頭に置いている。この種のシールドは数時間で作動し、アヌンナキがここに来る前にすでにその技術を持っていた。電磁プラズマシールドは、放射線を偏向させるだけでなく、外からのあらゆる敵の攻撃も跳ね返す。ドームは電磁波シールドで作られている。

電磁波を遮蔽するトーラス(Firmament)は、地上直径400,000km、地下400,000kmのエリアをカバーしている。アヌンナキが設計したこのプロジェクトをグレイが5508年かけて完成させたのは、地上の整地だけでなく、アンダーワールドと呼ばれるプロジェクトの責任者である科学者たちが住む地下も大量に掘ったからである。アンダーワールドは、地球上の生命を制御する高度な技術的ネットワークシステムを持つ、正真正銘のアンダーワールドである。そのため、「アンダーワールド」という言葉を耳にすることがある。アスガルド、ミッドガルド、アンダーワールド(またはヘル)。地殻は優れた導電体であるため、トーラスのシールドが地上に広がるのと同じように、地中にも広がっている。

アスガルドは最高神アヌが側近や召使とともに住む水晶の都、ミッドガルドは私たちのいる場所、アンダーワールドは人類創造プロジェクトを担当するアヌンナキ一族の科学者たちの住まいである。

大空に浮かぶ平らな地球の中心には、直径約200kmの大きな開口部があり、その地下深くにはプラズマシールドマシン「トーラス」がある。北極のオーロラは、トーラスの電磁シールド装置から放出される荷電スカラー波粒子と大気圏上層部の原子との相互作用によって引き起こされる。大洋を水で満たす巨大な川「オセアヌス」も地下世界から湧き出している。コンパスの針が北を向いているのは、トーラスの両面渦流ファンネルの双極磁化軸があり、その位置で最も強い電磁エネルギーが放出され、トーラスの電磁ドームのプラズマ球を作り、地球の上と下の地形を囲み、遮蔽しているからである。

磁気反転とは、トーラスの磁北と磁南の位置が入れ替わり、磁場が反転することです(地理的な北と南を混同しないように)。

磁北が地理的な北から前後に動くのは、トーラスの螺旋状の軸漏斗が安定せず、常に地理的な北の中心から前後に動いているからである。

ポールシフトは、トーラスの電磁場の軸が、上向きから下向きへと変化する現象である。これはおよそ10年ごとに起こります。北極は平らな地球の表面上にあり、南極は地下世界の地中にある。極が移動すると、北極は地面の下へ、南極は地面の上へ移動する。

つまり、地理的な北極と磁気の南極は、どちらも平らな地球の中心にあり、そこには冥界への入り口から湧き出るオセアヌス川があるのです。いわゆる南極が南極大陸にあるというのは捏造であり、南極は存在しないし、南極大陸も存在しないからである。

北の極点開きの中心を中心に、4つの大きな大陸があり、4つの川の流れであるオセアヌスによって分けられていて、そのうち2つは海に向かって流れ出し、残りの2つはリサイクルのために冥界に戻るようになっています。

私たちの世界を取り囲む氷壁の反対側には、少なくとも33以上の大陸があり、私たちの世界が占める直径40,000kmの小さな部分と比較すると、大空が覆う直径400,000kmのうち、どれだけの土地があるのか想像できるだろう。5つの大陸からなるこの世界は、アヌンナキの科学スタッフが私たちを監視するために遠くへ行く必要がないこと、オセアヌス川の循環する距離が短いこと、地下から湧き出る最大の川による人工地球の灌漑システムなど、多くの理由から意図的に地下世界に近い場所に配置されているのです。

2021年前、人類の創造は始まっていた。

アヌンナキがここに到着したとき、大気中や地上には水も炭素もなかった。この二つの元素はケイ素の生命体を溶解し退化させるからである。ケイ素の採掘と浄化のため、また来るべき人類の創造のために、彼らの科学者たちはこの二つの元素を人工的に作り出した。

アヌンナキは、炭素系生命体の基本要素を創造し、科学的知識と創造のノウハウを持ち、人間の遺伝子構成の知的財産の構成要素を使用して、人間がどのように見え、考え、行動すべきかのすべての特徴を持つ、品質と内容の定式化を起草しました。知性、視覚能力、聴覚能力、言語認知能力、意識認識能力、魂への愛着など、人間を動物と異にするあらゆるものが、その生命体に独占的にパッケージされたのである。人間が動物と異なる第一の点は、人間には魂があり(クローンを除く)、動物には魂がないことである。

そのすべてがプログラムにパッケージされ、ルーン文字で書かれた、これから誕生する人間の名前を表すコード化された書式で参照され、アストラル領域のモルフィックフィールドにアップロードされている。

つまり、人類という生命体は、特定のプログラムを持っていて、それが形式でコード化され、ルーン文字で書かれているのです。(下の写真参照)。


ミッドガルド=ミズガルズで、「中央の囲い」の意味です。

北欧神話の世界観

北欧神話と言えば、くろちゃんさんがこんなツイートをしていました。

北欧神話の世界観を知る上で、この画像は参考になるのではないでしょうか?

また、北欧神話の巨人と壁の世界観は、『進撃の巨人』の世界観に通じるものがありますね。34巻で完結していますね。

進撃の巨人(34) (講談社コミックス) | 諫山 創 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで諫山 創の進撃の巨人(34) (講談社コミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。諫山 創作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また進撃の巨人(34) (講談社コミックス)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

そういえば、フラットアースでは下記のようにエリアが三つに別れてる説もあり、上の進撃の巨人の世界観に似ています。

トーラスとは、ドーナツ状のような形状をしたもので、リンゴや細胞などもこの形状しているとか。下の図は地球は一般的な球体ですが…

そう言えば、地球の内部に地下(アガルタやシャンバラ)があると言う話があり、こんな画像も出回っていましたが、実際の地球の内部構造はどうなってるのか気になりますね。

フラットアース論では地球は平である話は出ますが、地下までは科学的な検証が出来ず、掘り下げる事が難しいのが現状なので、平な大地の下には様々なエリアが存在するのかもしれません。

案外、全て違っているように見えて、真実の姿はそれらが繋がるのかもしれません。

下記の画像のように。


以上、一般的な歴史認識と異なる内容となりますので、ご注意下さい。

記載されてる内容について、全て検証出来ている訳ではありませんが、ご容赦頂ければと思います。


後編はこちら。

前編はこちら。


このシリーズのリンクを以下にまとめました。

【まとめ】古代 や タルタリア や アヌンナキ の仮説・考察集( Facebook 『 TARTARIA 』グループより) #Gorgi Shepentulevski
Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の翻訳記事を、本ページにまとめたいと思います。すべての始まりは7529年前?ピラミッ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました