アヌンナキはなぜ、精製したシリコンの結晶を建築材料として使い、都市を建設したのか?

歴史と科学

前回に引き続き、Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の続きになります。

なお、原文を自動翻訳して少し修正を加えていますが、原文を確認される場合は下記リンクをご確認ください。

Facebookにログイン | Facebook
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

第4部

アヌンナキはなぜ、精製したシリコンの結晶を建築材料として使い、都市を建設したのか?

2021年4月6日発行

アヌンナキが7529年前に遥か彼方からこの地球という飛行機にやってくる前、彼らは非常に高度な技術を持った種族でしたが、それにもかかわらず、彼らは魂を持っていなかった。

魂を持たない人間は死ぬと絶滅する運命にあるので、どんなに高度な技術を持っていたとしても、死んだらすぐに消耗品になってしまう。

魂を持つということは、生まれ変わることができ、永遠に生き続けることができるということである。

つまり、アヌンナキがここに来たのは、自分たちのために魂を採取し、永遠の存在になるためという大きな理由がある。

しかし、精製されたシリコン結晶の代わりに、電磁プラズマシールドの特性を生かした都市やコンピュータを作ることができたのに、なぜシリコン採掘の精製という長く骨の折れるプロセスを経なければならなかったのだろうか?

電磁波シールドは、放射線はもちろん、外部からのあらゆる敵の攻撃も跳ね返す。

天蓋は、電磁波シールドで作られている。

プラズマが可視宇宙の99%以上を占め、固体、液体、気体と並ぶ「第4の物質状態」であることを考えると、純化したシリコンの結晶はプラズマよりも優れた物質なのだろうか?

アヌンナキが知っていたクリスタルの特徴とは?

シリコンチップ技術の初期のパイオニアに、ノーベル賞を受賞した科学者マルセル・ヴォーゲルがいる。IBMの研究員だった彼は、同業者の信念を根底から揺るがすような発見をした。

ヴォーゲルは、結晶をシリコンチップとしてコンピュータにプログラムできるだけでなく、結晶に思考をプログラムできることを発見したのである。

ヴォーゲルは、電気と同じように、思考もエネルギーの一種であり、意思によって方向づけられると考えたのだ。

そして、電気を使わずとも、思考や明確な意図さえあれば、どんなに離れていても、水晶をプログラムすることができると結論づけた。

DNAの染色体は液晶でコーティングされているので、DNAの記憶もコンピューターチップと同じように思考で再プログラムすることができる。

サウサンプトン大学の研究者らはこのほど、水晶振動子を用いて5次元デジタルデータの記録と復元に成功したと発表した。

永久に消えない「5Dデータストレージ」を開発。360TBものデータを5次元ナノ構造化 - Engadget 日本版
英サウサンプトン大学の科学者が、ほぼ永久にデータが消えない「5次元データーストレージ」を開発しました。この5次元ストレージは、ガラスにフェムト秒レーザーでナノ構造を書き込む技術を使ってデータを記録します。記録したデータは読み出し専用となるものの、最大360TBものデータを、ほぼ永久に保存できるとのこと。

この「スーパーマン」メモリー水晶は、1枚あたり360テラバイトのデータ容量、1000℃までの熱安定性、実質的に無制限の寿命など、前例の

ない特徴を持つ未来型ストレージ技術である。SF映画などで、宇宙人が水晶を巨大なコンピューターに押し込んで、世界を救うというシーンを見たことがあるだろう。

では、その仕組みはどうなっているのだろうか。

「このデータは、膨大なデータを数百万年保存できる溶融石英の中に、自己組織化されたナノ構造体として記録されています」とプレスリリースで説明している。「情報のエンコーディングは、これらのナノ構造の3次元位置に加えて、サイズと方向という5次元で実現されている」というと難しく聞こえるが、基本的には、超高速レーザーを使って、1メートルの100万分の1しか離れていないナノ構造のドットの形で、水晶の断片に5次元情報をエンコードできるようになったということである。

マルセル・ヴォーゲルは、超高速レーザーを使う代わりに、明確な意図を持って思考することで、水晶片に5D情報をエンコードできることを発見した。

つまり、物理的に手の届かない5次元モルフィックフィールド(※特有の情報が保存されている場)の領域にある、「すべての知識」が格納されている情報を水晶にエンコードすることができるのです。

北欧神話に登場するアイシル神の王オーディンは、ルーン文字を読み解くために、意識的に死んで、再び同じ意識で同じ人間として生き返らなければならなかったことを覚えているだろうか。

あるいは、マケドニア-タルタリア神話の神ディオニスは、同じ意識で二度生まれたのだろうか。

オーディンもディオニスも、モルフィックフィールドの魔法のルーン文字を見て、解読し、写し取った。

二人とも意識的に死んだとき、実はモルフィックフィールドの5次元の全知識領域に入り、そこでコピーを作り、生き返ったとき、DNA染色体がコーティングされている液晶構造にその知識を保存していたのである。

人間は誰でもその能力を持っているのである。

このテーマについては、別の記事でもう少し詳しく説明する予定です。

水晶の分子構造は信じられないほど安定しており、宇宙の幾何学と調和している(生命の花)。

水晶には意識がある。

モルフィックフィールドは、生物が持つ驚くべき損傷修復能力を示している。

樫の木を小さく切ったとしても、その小さな破片が適切に処理されれば、新しい木に成長することができる。

つまり、小さな断片から全体を得ることができるのである。

これらのフィールドには、過去に作られた類似の形状に由来する記憶が組み込まれている。

肝臓のフィールドは以前の肝臓の形によって、樫の木のフィールドは以前の樫の木の形と組織によって形作られる。

このようなフィールドは、形態的共鳴と呼ばれるプロセスによって、類似したフィールド同士を結びつけているのである。

つまり、フィールドの構造には、過去にその種に起こったことに基づく、累積的な記憶があるのです。

この考え方は、生物だけでなく、タンパク質分子や結晶、さらには原子にも当てはまる。

DNAの染色体は液晶でコーティングされている。

例えば、結晶の領域では、結晶が取る形は、その結晶に特徴的な形態場によって決まる。

モルフィックフィールドとは、より広い意味で、形と振る舞いの両分野を含む言葉である。

つまり、純化されたシリコンの結晶は人間と同じように意識を持ち、その記憶は結晶が共鳴する5次元のモルフィックフィールド領域を通じて新しい生命に転送されるのである。

アヌンナキは純化された水晶が持つこの性質をよく知っていて、水晶構造で都市を作ったのは、いつでも必要な時にモルフィックフィールド・メモリープールにアクセスし、そこから今までに存在したあらゆる知識を取り出すことができるようにするためである。

そして、クリスタルは共鳴器として機能する。

つまり、今日私たちが「Hi Google」と話しかけるのと同じように、自分の思考でクリスタルに話しかけ、どんな願いでもかなえてもらうことができるのです。

しかし、「Hi Google」とは異なり、クリスタルには何でも願いを実現するように頼むことができます。

例えば、何か食べたいものがあれば、それに意図を集中し、思いを込めてクリスタルにお願いすれば、あなたの選んだ食べ物が瞬時に目の前に現れてくるのである。

その中の一つに、タルタリアのツァーリ(王)は舌の下に水晶の石を持っていて、それが何でも具現化する力を与えてくれるという話があった。

これは、タルタリアの白い都市が、アヌンナキの都市のように、クリスタルを積み木のように使って建てられていることを比喩しているのかもしれない。


一般的には地球の外周には電離層があると言われていますが、この電離層が『天蓋』=『電磁シールド』と判断しているように思います。

次回から神話の話が続きます。

※アヌンナキとは、シュメール神話(メソポタミア文明)に出てくる神話の神々の事を指します。

アヌンナキ - Wikipedia

一般的な歴史認識と異なる内容となりますので、ご注意下さい。

記載されてる内容について、全て検証出来ている訳ではありませんが、ご容赦頂ければと思います。


後編はこちら。

前編はこちら。


このシリーズのリンクを以下にまとめました。

【まとめ】古代 や タルタリア や アヌンナキ の仮説・考察集( Facebook 『 TARTARIA 』グループより) #Gorgi Shepentulevski
Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の翻訳記事を、本ページにまとめたいと思います。すべての始まりは7529年前?ピラミッ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました