ピラミッドは原子力発電所だった?

歴史と科学

前回に引き続き、Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の翻訳となります。

なお、原文を自動翻訳して少し修正を加えていますが、原文を確認される場合は下記リンクをご確認ください。

Facebookにログイン
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

第2部

ピラミッドは原子力発電所だった

投稿日: 2021年3月29日

巨人との戦いに勝利したアヌンナキは、天空の下に魂の収穫施設を建設し、同時に精製されたシリコン結晶で豪華な都市を建設するという一大計画を進めていた。

まず、グレイ族を奴隷種族として作り、過酷で危険な労働をさせ、その後、原子力発電所を建設し、エネルギーを供給する。

この原子力発電所は、現在ではピラミッドと呼ばれている。

ピラミッドは、シリコン(ケイ素)精製に必要な化学薬品を製造するための原子力発電所として建設されました。

化学工場はピラミッドの真下、長く閉ざされた通路にあり、そこで製造された化学薬品の最終製品は飛行船に積まれ、シリコン精製工場に運ばれた。

準備が整ったところで、高さ120kmにも及ぶ巨大なシリコンの木を徐々に切り倒し、純粋なシリコンの結晶を取り出すための加工が始まった。

シリコンの精製に必要な薬品の一部、

炭素、塩酸、フッ化水素、硫酸、水など。

なぜ水が危険な化学物質なのか、と聞かれることがある。

なぜなら、シリコンは水の中に入れると、徐々に溶けて分解されてしまうからです。だから、ファーメント外のケイ素を使った居住区には、水はなく、大気中の酸素粒子が浮遊しているだけである。

二酸化ケイ素から純粋なシリコンを取り出すには、これらの化学物質とは別に、大量の水が必要だったのだ。

現在、海洋に存在する塩化ナトリウムをはじめとする多くの化学物質は、ケイ素の精製過程で発生する副産物である。

化学反応が臨界点に達すると、火山が噴火するのである。詳しくは後述する。

ギザのピラミッドに関する事実。

1)大ピラミッドの壁には文字が書かれていない。発電所の内部に宗教的な文章を書くだろうか?

2) 壁はすべて工学的なポリマー製で、予想通り特別に設計されており、ギザの石と違って地層を含んでいない。

3) ギザの複合施設全体が、工学的、技術的、一度に構築された、あるいは少なくともそのように設計されたように見える。補助的なピラミッドは、原子力発電所や化学工場にあるようなサイロのように見える。

4) 古代の様々な文献は、原子力発電を前提とする深遠なる古代の高度な技術を指摘している。

セットアップ

1) 過去の遺物に見られる古代の「宇宙服」は、実は放射線防護服である。

2)カフネ谷の神殿(操業施設)の花崗岩から検出された放射能。

3) シャフトは、実際には蒸気やケーブルの管路のためのものである。王の間からのシャフトは地表に届くが、女王の間からのシャフトは意図的に届かない。つまり、王の間の物質は、非放射性で地表に放出されるようになっている。冷却システム。王の間の上にある応力緩和のための石は、ヒートシンク(熱の吸収源)となる。

4) 放射性蒸気を、安全上の理由から都合よくピラミッドの中心にある女王の間の原子炉エリアから、直接ピラミッドの石灰岩に吸収させる。

5) 蒸気ループの下には、精密に設計されたシャフトがあり、余分なシャフトを持つ地下の部屋へと続いている点。

6) エレベーターや路面電車のために精密に設計された、大ギャラリー=エレベーターシャフト、谷間の寺院に通じる外側の土手道など。

7)ピラミッドは核爆発、メルトダウンに耐えられるように高い耐久性を持って作られている。

8)補助ピラミッドは、使用済み燃料棒を格納するためのものです。

9)古代の鉄塔をイメージして作られたオベリスク。金属はすべて剥がされ、通路などが並んでいただろう。略奪された。そのため、『文字がない、中の金属やプラスチックに文字が書かれていた。

技術面のソースとして、以下のリンクをご覧ください。

ビデオの中の人は、その全体像を知っているわけではありませんが、きっと、技術的な部分はよく分かっているのでしょう。

ギザのピラミッドは古代の沸騰水型原子炉施設か?(前編)

(グレイの話はここで8:00から)

ギザのピラミッドは古代の沸騰水型原子炉施設か?(その2)

※アカウント削除されてしまったようです。

写真で私が指差しているのは、シドニーから45km離れたスタンウェルパークにあるピラミッドです。

ピラミッドが4つ並んでいるのは、シリコン採掘が盛んだった太平洋の海岸沿いです。

ピラミッドだけでなく、ビーチや他のアトラクションも楽しめますよ。


エジプトに関しては色んな説がありますね。

産経新聞がエジプトの内部の絵を載せてました。

【クローズアップ科学】ピラミッドや原子炉、火山も透視 素粒子観測の意外な使い道
 名古屋大などの国際研究チームが今月初旬、エジプトの首都カイロ近郊のギザにあるクフ王のピラミッド内部に未知の巨大空間を見つけたと発表した。世界的な大発見をもたら…
産経新聞「ピラミッドや原子炉、火山も透視 素粒子観測の意外な使い道」

トカナさんでも『ピラミッドは電力施設だった?』との記事を投稿しています。

ギザのピラミッドは「生きている」ことが発覚! 墓ではなくフリーエネルギー発電所… 証拠続々 - TOCANA
エジプトの大ピラミッドは“生きている”――。専門家の言葉が注目を集めている。大ピラミッドは電力を蓄電・発電しているというのだ。■ピラミッドは古代エジプトの電力施設だった? 誰がどんな目的でどのように建造したのか? ギザの大ピラミッドには、まだまだ多くの謎が残されている。 ギザの大ピラミッドが...

個人的にはピラミッドの下にある水銀の川との関連性が気になります。

世界中の古代のピラミッドや構造物の下で見つかった液体水銀の川

なぜ古代の人々は、この非常にまれでおそらく非常に有毒な物質を古代の建造物に登場させることを選ぶのでしょうか?

あとは、エンドゥさんのピラミッド捏造疑惑との関連性も気になるところ。

歴史が全て嘘と言うよりも、部分的に嘘が混じってる可能性も考えられます。

全て嘘なら考えるだけ無駄な気もしますが、何も考えなくなったら思考停止状態なので、色んな可能性を考えていきたいと思います。

※アヌンナキとは、シュメール神話(メソポタミア文明)に出てくる神話の神々の事を指します。

アヌンナキ - Wikipedia

お守り用にピラミッド型のオルゴナイトなんて如何でしょうか。


一般的な歴史認識と異なる内容となりますので、ご注意下さい。

記載されてる内容について、全て検証出来ている訳ではありませんが、ご容赦頂ければと思います。


後編はこちら。

前編はこちら。


このシリーズのリンクを以下にまとめました。

【まとめ】古代 や タルタリア や アヌンナキ の仮説・考察集( Facebook 『 TARTARIA 』グループより) #Gorgi Shepentulevski
Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の翻訳記事を、本ページにまとめたいと思います。すべての始まりは7529年前?ピラミッ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました