北欧神話のオーディン、マケドニア(ギリシャ)-タルタリア神話のディオニス(ディオニュソス)

歴史と科学

前回に引き続き、Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の続きになります。

なお、原文を自動翻訳して少し修正を加えていますが、原文を確認される場合は下記リンクをご確認ください。

Facebookにログイン
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

第5部

北欧神話のオーディン、マケドニア(ギリシャ)-タルタリア神話のディオニス(ディオニュソス)

投稿日: 9/April/2021

オーディンもディオニスも、ルーン文字を読み解くために、意識的に死んで、同じ意識で同じ人間として生き返ったのである。

彼らは死んだとき、実は意識的にモルフィックフィールド(※特有の情報が保存されている場)の5次元全知全能領域に入り、そこで魔法のルーン文字を見て、解読し、コピーし、生き返ったとき、その知識をDNA染色体がコーティングされている液晶構造に格納していたのです。

ルーン文字とは?

歴史上最初の文字体系はルーン文字として知られています。

それぞれのルーンは、何らかの宇宙的な原理や力を表す表意文字または絵文字であり、ルーンを書くことは、そのルーンが象徴する力を呼び起こし、方向付けることであった。ルーン文字を見ると、単なる線と筆跡に過ぎないが、知恵、魔法、力といった神聖な神秘を伝えている。

オーディンとルーン文字

北欧神話のアイシル神の王であり、戦争と知恵の神であるオーディンは、ルーンの知識を得ることで、自分の意思を宇宙に広げ、運命に対する知識と力を得たいと願ったのである。

当初、オーディンは知恵だけが欲しかったので、ミーミルのところに行き、知恵の井戸の水を飲ませてくれるように頼みました。ミーミルは承諾しましたが、オーディンがその飲み物を飲むために目を犠牲にすることを条件としました。そこで、オーディンは自分の目を掘り出し、井戸に投げ入れました。そして、ミーミルは約束通り、彼に知恵の井戸の水を一杯飲ませました。

しかし、やがて彼は欲深くなり、運命をも支配する力を欲するようになった。そのためには、自ら進んで死に、同じ意識で再び生き返ることが必要である。

オーディンはこの挑戦に値することを証明するために、自ら進んで生命の木にぶら下がり、自分の槍で9日間刺し続け、一切の援助を拒みました。そこからウルドの井戸の下を見つめ、ルーン文字を唱えた。死の淵で、彼は望んでいた知識を得た。それは自分自身への犠牲であり、その時初めてルーンの意味と力を手に入れることができたのである。

その後、オーディンはルーンの知識を使って、心の傷や体の傷を癒し、敵を縛ってその武器を使えなくし、自分を束縛から解放し、火を消し、黒魔術の使い手を暴いて追い出し、戦場で友人を守り、死者を目覚めさせ、恋人を獲得しました。

しかし、彼のルーン文字の知識では、ラグナロクでの運命を防ぐことはできない。


北欧神話の世界観について、くろちゃんさんがYouTube動画やTwitterで情報発信してくれてるので、参考にさせてもらってます。

【北欧神話】ドラクエの勇者は人間ではない説! / くろちゃん⭐️フラットアースは巨大樹の世界⭐️

北欧神話では、元々は神々と巨人がいて、争いをしていたようです。これから勉強して深掘りしていければと思います。

なお、ディオニス(Dionis)はルーマニア語圏の表記のようで、やはりギリシャ神話におけるディオニュソスと同一のようです。

ディオニューソス - Wikipedia
Dionis - Wikipedia

個人的には、世界の神話の神々は同一神の可能性があると考えております。また、何処かで掘り下げられればと思います。

以上、一般的な歴史認識と異なる内容となりますので、ご注意下さい。

記載されてる内容について、全て検証出来ている訳ではありませんが、ご容赦頂ければと思います。


後編はこちら。

前編はこちら。


このシリーズのリンクを以下にまとめました。

【まとめ】古代 や タルタリア や アヌンナキ の仮説・考察集( Facebook 『 TARTARIA 』グループより) #Gorgi Shepentulevski
Facebookの『TARTARIA』グループの管理者のGorgi Shepentulevskiさんが投稿していた内容の翻訳記事を、本ページにまとめたいと思います。すべての始まりは7529年前?ピラミッ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました